第40回鳥人間コンテスト【2日目人力プロペラ機ディスタンス部門】観戦!

第40回鳥人間コンテスト【2日目人力プロペラ機ディスタンス部門】観戦!

730日(日)、鳥人間コンテストの2日目、「人力プロペラ機ディスタンス部門」を観戦してきました。この日は、あいにくの雨。「中止かなあ。どうなるのかな。」と、ドキドキしつつ、なんとか会場に到着。

 

鴨みーる

お、なんとかやってるみたい。どころか、みんなもう集まってる。

 

 

↑トイレも至るところにあって、安心。

 

会場は、ディレイ(遅延)で“待ち”の状態。

 

しかし!

 

時間を無駄にすることなく、会場の様子を詳細にお伝えするのが地域レポーターの役目!(キリッッ)(=暇なので遊んでみました。)

抽選会をやっています!

水素水をゲット

 

 

……滑空機コックピット体験?

 

鴨みーる

やぱ、入るやん?てか、この中、暑い!

10秒くらいでギブしそうな暑さでした。過酷な戦いなのだな、と実感。

 

 

 

毎年買うグッズ。今年はマフラータオルにしました。

鴨みーる

こういうのは、協賛の意味も込めて買う方です。(キリッッ)

 

誰が興味あんねん、と。

スタート前から、フルでイベントを楽しもうとする鴨みーるでした。

 

そんなこんなで、少しずつ雨は止み・・・。

 

やっと第1機のフライト。朝の9時を過ぎていました。
(もともとの開始予定時間は6時。)

出場者さんたちの晴れ舞台が整ってよかった。ほっ。

 

飛び立つ瞬間。下降から上昇する機体。飛行が安定するとき。

 

 

 

一瞬一瞬を、観客も集中して見守ります。 

飛距離が伸びると、機体は次第に遠く見えなくなります。

 

 

「今どの辺を飛んでいるのかな~。」

 

 

 

 

 

また、飛距離が伸びているように見えても、目標に届かなければ、悔しい想いも。

 

 

“男泣き”の瞬間に、“もらい泣き”。
「もっと行きたかった!」という想い、
また、みんなの想いも同時に乗せて飛んだ重責からも、解放される瞬間。
いろんな感情がいっぺんに涙として流れます。

 

 

飛んですぐドボン、の機体も。

 

これこそ男泣き?と思いきや、
あまりにも早いフィニッシに唖然としすぎて、
プラットフォームにいる学生たちから歓声が。

鴨みーる

うん。色んな意味で壊れたんだね。(笑)

ちょっと笑ってしまいました。

 

 

飛び立つ瞬間に持って行くまでのお膳立ても大変なんです。

むしろ、それまでこそが、大変とも言えます。

機体が出来上がるまでの工程だけでなく、それを会場まで運ぶにも技術が要ります。

 

 

 

鴨みーる

ここまでどうやって運ぶんだろう?

hatchi

それは私がお答しましょう!

鴨みーる

∑!?

hatchi

機体はね、バラして持ってくるんですよ!

鴨みーる

 hatchiさん、なんでココに…?

hatchi

わたし、鳥人間だいすきなの!

 

鴨みーる

 そ、そうなの…(初耳)

hatchi

機体をバラす作業も、何度も練習するんやって!

 

鴨みーる

えー。何度も練習?!ちなみに、ばらした機体って、トラックに乗るんですか?

 

hatchi

そういうの運ぶ、専門の業者がいるんだよ。

 

鴨みーる

ほー。(世の中いろんな仕事があるもんだ〜)

 

hatchi

だからね、鳥人間コンテストを観覧するときには、そういう裏方さんたちの存在にも注目してみてね!

鴨みーる

はーい、わかりました!

 

また、当日も組み立てた後は順番が来るまで、機体を支えて待ちます。

 

 

鴨みーる

大変だー。私なら5秒で腕プルプルしてくるわ・・・。

 

 

そして、プラットフォームに上げるのも、
機体を横向きにしてから少しずつ少しずつ、慎重に運びます。

 

 

鴨みーる

気が遠くなるような作業と忍耐を重ねて、やっと飛び立てる—。
彼らの姿に、人生の神髄を垣間見たような気がします。(遠い目)

 

だからこそ、たとえドボン!でも、笑えるのかもしれません。(無理矢理?)(笑)

そこまでに費やしてきた、あれやこれやから解放されるその瞬間の感慨に比べれば、結果はそれまでの努力の“おまけ”に過ぎないのかもしれません。

 

最後は「つるつる」さんのカレーうどん(オススメ)でシメて、帰りました。

 

それぞれの結果の詳細は、ぜひ、感動のオンエアで!

823日水曜日、夜700~読売テレビ)

 

また、今年は公開される映画もある、まさに“酉年”の豪華な年。

ダブルでチェックして、楽しんでみては?

 

ちなみに、当日の観戦準備は、こちらでチェック!→鳥人間コンテストを2倍楽しむ方法

 

鴨みーる
鴨みーる

とあるオシャレな港町から豊かな琵琶湖のほとりに来た。好きなものはビールとウィスキー。あ、ワインも。いや、カクテルもほんとは深いのよ。日本酒忘れるとこだった。あ、梅酒も書いとこ。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。