【編集部コラム】強豪2ヵ国との対戦!W杯どうなる!?[サムライブルー]サッカー日本代表!(のりちょけ)【第9弾】

【編集部コラム】強豪2ヵ国との対戦!W杯どうなる!?[サムライブルー]サッカー日本代表!(のりちょけ)【第9弾】

 

いやーー。W杯予選シビレましたねー
初戦のオマーン戦でつまずき、サウジアラビアにも負けちゃって3戦目で早くも2敗でしたからね。
でも、そこからの快進撃はすごかった!
6連勝ですよ! これまでのアジア最終予選で6連勝ってなかったですからね。

何よりW杯に出場してくれるのでとてもうれしいです

 

W杯本大会の予選組み合わせが決まりました
すごい組に入っちゃいましたね!!

ドイツとスペインと同じ組なんですよ!!
W杯を4度制したドイツ(4回優勝は、ブラジルの5回に次ぐ成績)
2010年南アフリカW杯を制したスペイン
この強豪国2ヵ国に
コスタリカーニュージーランドの大陸間プレーオフの勝者のE組

TVの前に張り付いて釘付けになって観ていた少年時代の憧れの国ドイツ!
数えきれないほどすごい選手を輩出している国(名選手はほとんど言えます)
サッカーゲームで必ず最初に選ぶ国

イングランドの名選手ゲーリー・リネカーが
「フットボールとは、22人がボールを奪い合い最後はドイツが勝つスポーツ」
という名言を残した州屈指の強豪国です!

圧倒的なスキルと戦術でボールを支配し試合をコントロールするポゼッション・サッカーと言えばスペイン!!
「所持する」という意味の「ポゼッション」ボールを支配する時間を長く続け相手の守備を崩して攻撃する
2010年W杯を制して一時代を作り上げた 日本の理想形ともいわれるスペイン

こんな国とW杯で真剣勝負!
想像するだけでシビレちゃいますねーー!

日本は、チャレンジャー! 失うものは何もない!
日本では“死の組”と言われることが多いですが
世界は“2強2弱”
当然ドイツとスペインが順当に決勝トーナメントに上がってくるという評価です

なので日本は負けて当然!

と世界は思ってます!!

なので何も失うことはないですので
今の日本の実力を全力でぶつけて勝負してほしいですね
例え負けたとしても未来につながる経験です
これを観た少年たちが憧れ切磋琢磨しすごい選手へと育っていく
といういい影響を与えてほしいですね

逆に言うと強豪国は勝って当然という評価
これって日本がアジアで戦っている時の立場です
勝って当然というプレッシャーが生まれ日本も苦戦しているように
ドイツ、スペインも苦戦しないか?

実際、2018年ロシアW杯でドイツは初めて予選敗退してます
初戦のメキシコと最終戦の韓国に敗れてます

スペインも2014年W杯初戦オランダと続くチリ戦で敗れ予選敗退

チャンスがないわけではない!
可能性は必ずある!

今回のW杯は何が起こるか分からないかも!

カタールW杯は、史上初の冬開催で11~12月に開催されます
理由は 簡単に言うと毎回開催される6~7月の中東地域は熱すぎる
気温40℃を超えることもあるそう
なので選手やサポーターの安全を配慮し冬開催になったそうです

そこで問題になるのがチームとしての準備期間がないということ
なぜかというと強豪国の選手が普段所属しているクラブチームは欧州各国リーグ戦のシーズン真っ只中でのW杯開催なんです

6月開催なら欧州のシーズン終了後1ヶ月間近いインターバルがあるのでそこで合宿などを行いチームを仕上げていったのですが
今回は、1週間程度の準備期間だそうです

なのでほぼぶっつけ本番みたいな形になる
(もしかしたら森保監督は、それを見越してアジア予選で選手を固めてた?)
ほとんどのチームが6月にはほぼチームの基盤を固めていないと勝ち上がるのは難しいのかもしれません

例え強豪国でも準備が整わないと勝ち上がるのは難しいですから
準備期間の少なさ、勝ってあたりまえのプレッシャー
これに日本が付け入るスキがあるんじゃないかって思ってます!

W杯の台風の目になるビッグサプライズを起こしてもらえることを期待してます!

この開催時期が日本にとって吉と出るのか凶と出るのか楽しみですね!

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。