【10/21】湖北の新しいパワースポット!?「太陽のtane」プレオープンイベントに行ってきた【長浜・湖北町】

【10/21】湖北の新しいパワースポット!?「太陽のtane」プレオープンイベントに行ってきた【長浜・湖北町】

10月21日(土)、ぱらぱらとお清めの雨の降る、そんな朝。

「(株)SHIBATA GROUND MUSIC」さんのお店太陽のtane(タネ)さんの、プレオープンイベントに参加してきました。

 

「SHIBATA GROUND MUSIC」とは?

シバタプラセールファームという農場で、大切に育てられた作物(お米・大豆・小麦)その他を加工販売する会社。

 

鴨みーる

まるで、音楽レーベルのよう。カッコいい名前ですね。

 

 

シバタプラセールファームさんの農地。

 

 

「太陽のtane」とは?

そんな(株)SHIBATA GROUND MUSICさんが取り扱う、「シバタプラセールファーム出身作物」の小売ショップ。大切に育てられた作物たちだけでなく、それらを育てた人である柴田さんともコミュニケーションが取れる場所。

 

また、「お店」というより、むしろ、たくさんの出逢いやつながりの「拠点(スポット)」として存在していければ、と柴田さん。

 

鴨みーる

自然の恵からも、さまざまな出逢いからもパワーをもらえるー。たしかに、新しい「パワースポット」とも呼ぶべき場所になりそうですね!

 

 

 

こちらが、(株)SHIBATA GROUND MUSIC代表の「柴田 義範(しばた よしのり)」さん。

長浜生まれ長浜育ちだそうで、お父さまで三代目の農場である「シバタプラセールファーム」も、一緒に運営されています。

 

 

こちらがお父さまの「柴田 一義(しばた かずよし)」さん。

「シバタプラセールファーム」を経営・運営されています。

「お写真よろしいですか?」との問いかけにも、「いいよいいいよ~!」と、とっても気さくに、笑顔で応えてくださいました。

 

イベント内容

太陽のtane」公式instagramより」

鴨みーる

農作物のショップとは思えないおしゃれ感ですね!新しい!

 

イベント内容

太陽のtaneのオープンに向け皆様に感謝を込めて、シバタプラセールファームで大切に育てられた、お米のおにぎり、今しかない期間限定の枝豆を振舞います。

出店者
MOON FOOD JAPAN
豆乳アイス 、エナジーバー

cafe nanashi
珈琲、その他ドリンク

macu macu
オリジナルエコバッグ(ワークショップ)

SHIBATA GROUND MUSIC
枝豆の販売

 

あっ。以前チェキポンポストでも取り上げた、ムーンアイスでおなじみのムーンフードジャパンさんも!

東野さん

yes!  I’m here!

実はこのイベントは、ムーンフードジャパン東野さんからのご紹介。

鴨みーる

いつもありがとうございます!

ムーンアイスは、実はこちら柴田さんの畑で作られた大豆を100%使用されているんですよ。

 

また、前回の取材、彦根の発酵食品のお店「ハッピー太郎」さんのお味噌に使われる大豆も!

池島さん

うん。僕も使ってるよー。

 

鴨みーる

こんなにも耳にするとは・・・。長浜に住んでいる以上、もう柴田さんに会わずにはいられない。

と、いった流れで今回の参加に至ったのでありました。

 

場所・アクセス

場所はJR長浜駅から車で約16分。

8号線をまっすぐ北上し、小倉の交差点を左折すればすぐ。

 

 

 

お店は、赤いドアが目印の、おしゃれでかわいいミニハウス。

 

 

お天気のせいか、私の撮影能力のせいか、(汗)、少し落ち着いて見えます。

実際は冒頭のお写真のように、明るくって元気をもらえるような場所。

中に入ると、準備段階の商品を少し見せていただけました。

 

 

樽で作ったおしゃれなシェルフ。

 

 

お店のお名前にもなった、「太陽のtane」と、柴田さんが呼ぶこれらの商品、何だと思いますか?

正解は、(左から、)大豆お米小麦

土に埋めれば、芽が出て作物が生るー。これらは全て「タネ」。

 

※価格は店頭にてご確認ください。

全て、「自然循環型農法」で、丹精込めて作られた作物なんです。

 

「自然循環型農法」とは

除草剤や殺虫剤などの農薬や化学肥料は使わず、自然や生き物と共存できる「循環型の農業」のこと。

山や森の中で草や木が育ち、朽ち果て、それが新たな植物の糧となっていくサイクルのように、ただ自然のあるがままの状態を活かした農法。

そんな命のサイクルを水田で再現。そんな中で育つお米は、野生の生命力を持ち、養分を多く含んだ大きな粒になるんだとか。

そんな自然と仲良しの田んぼには、ホタルやどじょう、また白鳥も遊びにくるんだそうです。

鴨みーる

まるでビオトープのような環境ですね。自然のものは、自然の中で、自然に育つのがいちばんってことなのかなあ。

 

 

ふるまいのおにぎりと、枝豆。もちろん、シバタプラセールファーム育ち。

お米はシンプルな塩にぎり。心にすーっと染みていくような、心も体も安心するような、そんな美味しさがありました。

また、枝豆はふんわり柔らかく、何とも言えない甘さとコクと、香ばしさが口いっぱいに広がりました。

1年間で、この時期10日間ほどしか味わえない貴重な枝豆なんだとか。

 

鴨みーる

なんだろう・・・体が喜んでいるような。すごいご馳走をいただいてる気分。

 

 

柴田さんのお家と、つながりの深い[ムーンフードジャパン]さんも参戦。

 

 

 

ちなみに、大豆だけでなく、小麦粉も柴田さんの小麦粉を100%使用。

何に使われてるかというと・・・

 

 

じゃじゃーん。

このコーンに、なんです。

イベントなどの際のみ登場します。今回は、その場で焼いたアツアツのコーンを食べさせてくれました!

 

 

鴨みーる

うんうん。めっちゃおいしい。もぐもぐもぐ・・・。

hachi

あ!!鴨さん、また食べてる!

鴨みーる

サイコーっすよ。体にいいのでダイジョブなんですよ。

hachi

なんか自信満々で言ったー。そして何が”ダイジョブ”なのか・・・。

 

ちなみに、

ムーンフードジャパンさん、エナジーバー(200円)も販売されていました。

 

エナジーバー

おからベースの生地に、下記素材をトッピング。(2種類)

●アーモンド、ひまわりのタネ、レーズン

●カカオニブ、ゆずのキビ砂糖漬け、クルミ

※いずれも、白砂糖不使用。トッピングは出来る限り、無農薬作物を使用。

 

鴨みーる

あ!初夏には無かった新商品!試食をいただけると!?ありがとうございます。もぐもぐもぐ・・・

hachi

((((;゚Д゚))))!!!

 

「柴田さんの作物使用」つながりで触れると、実はこの日、滋賀は有名なカフェ「SP○○N」さん(←隠せてますよねっ)のピザ職人の方のお姿も。

鴨みーる

もしかして、「SP○○N」さんも柴田さんの食材をお使いなんです?

柴田さん

そうなんですよ。野洲本店のピザ職人の方で、うちの小麦を使ってくれています。

鴨みーる

びっくり!私、野洲本店のピザが特に好きで!!

柴田さん

そうなんですね。ぼくらも、無農薬がいいとか、そういうことに強いこだわりがあるというよりも、むしろ、「あ、なんか美味しいな。」ってものが、たまたま無農薬だった、ぼくらの作ったものだったという流れが一番理想なんですよね。今(のこの状況)みたいに。

鴨みーる

何年も好きだったものが、たまたま柴田さんのところのものから作られていたなんて。そしてここでそれがつながるとは。おっしゃられていること、ストンと腑に落ちます。

 

 

 

長浜では今ひそかに話題の、移動型cafecafe NANASHI」さんも、出店されていましたよ。

 

 

そして、柴田さんの実姉で手作り作家の「macu macu(まくまく)」さんのワークショップも。

 

※今回は雨の為、急遽、自宅を開放してイベントが行われました。

 

 

左から、柴田さん、奥様のちかこさん、柴田さん実姉の熊洞(くまほら)えりかさん。(=「macu macu」さん)

鴨みーる

ご家族全員で、太陽のtaneを盛り上げようと協力する姿に、心があたたかくなりました。しかもみなさん、才能豊か!

 

 

ゲストとして来ていたご友人の方々も、クリエイティブなお仕事をされている方が多く。

とっても素敵な「がま口リュック」を手作りされているこちらの女性は、「okini.y」さん。

金沢のセレクトショップでも取り扱われているとか。また、minneやinstagramにて、情報発信中でございます。

 

 

裏地までかわいい。

ご興味ある方はぜひ、チェックしてみてください。

 

と、いろんなつながりに遭遇し、プレオープンの段階からもうすでに、「出逢い」の場となっていましたよ。

湖北の新しいスポットに、たくさんパワーももらえた一日でした。

 

グランドオープンは、11月3日(金)!

 

ぜひ、足を運んでみてくださいね!


店名 太陽のtane(タネ)     (株)SHIBATA GROUND MUSIC
TEL
住所 滋賀県長浜市湖北町小倉391
営業時間 10:00~15:00
定休日 不定休
駐車場
instagram https://www.instagram.com/taiyounotane/?hl=ja
鴨みーる
鴨みーる

神戸市出身、長浜市在住のフリーライター。 好物は、お酒とお笑いと音楽。 わんぱく真っ盛りの息子と、旬の情報を追いかけ回す日々でゴザイマス。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。