【編集後記】CHEKiPON6月号「雨の日も素敵な自分でいたい」より。ホントに紫陽花を見に行ってきた♡

【編集後記】CHEKiPON6月号「雨の日も素敵な自分でいたい」より。ホントに紫陽花を見に行ってきた♡

こんにちは、編集部FUJICOです。

チェキポン6月号の特集は梅雨をテーマに「雨の日も素敵な自分でいたい」です。雨の日って“ゆううつ”になってしまいますが、そんな日こそ笑顔でいたいですよねー。いつも笑顔の女の子はカワイイです。

 

…ということで、雨の日にあえて出掛けるならどこに行きますか?

もちろんショッピングモールへお買い物に行ったり、映画を見たり、ご飯を食べに行ったり、いつも通り過ごすのも素敵だけれど、雨の日にしか味わえない風景を楽しむのもきっと特別な思い出になりますよ。

 

 

今回の特集では[滋賀県立美術館]をメインに、カワイイ雨の日グッズや梅雨の6月に旬を迎える花の特集をしています。

FUJICO

実は見ての通り、撮影当日は晴天だったんです。晴れのお天気は大好きですが、この日は降って欲しかったです…涙

 

 

さらに、特集内にある「6月の花を楽しみたい」では美しい紫陽花を楽しめるスポットもピックアップ。
・もりやま芦刈園
・宮荘川の紫陽花
・長命寺
・金剛輪寺

▲コレは「もりやま芦刈園」ですよ。ベンチがかわいい♡

 

ぜひチェックして見てくださいねー。

 

 

「宮荘川の紫陽花」を愛でてきました♡

6月の中旬、小さな軽自動車で向かった先は東近江市宮荘町(能登川らへん)。
見渡す限りの田園風景に心が和みます。

▲お天気は…なかなかの「くもり」ですね。笑

宮荘川沿いに目を向けると紫陽花が咲き誇っていました。遠目にもキレイです。

川のせせらぎと色あざやかな紫陽花。
日曜日ということもあって多くの人が訪れていたのですが、不思議と、大声で話すような人はいなくて…みんなが花に見入っていました。うっとりです。

ずーーーーーーっと続く紫陽花。あなたは何色が好きですか?

 

真っ直ぐに続く紫陽花の道を、花を見ながら歩いていると心が穏やかになります。
川の流れる音と自分の足音。大自然をいっぱいに感じられました。
右手に広がる田園風景も風情があります。

可憐な紫陽花の風景は、実際にみるとさらに感動しますよ。
お出掛けがてら足を運んでみてはいかがでしょう。

0748-29-3920 (東近江市観光協会)
東近江市宮荘町
鑑賞自由、無休、無料
Pあり ※必ず臨時駐車場を利用してください(路上駐車禁止)

 

編集部FUJICO

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。