地の酒フェスタ+謎解きラリーin長浜に行ってきた

地の酒フェスタ+謎解きラリーin長浜に行ってきた

1月14日(土)に長浜の大手門通り商店街で開催された「地の酒フェスタ+謎解きラリーin長浜」に行ってきました。

このイベントは地元の大学である「長浜バイオ大学」の学生が「長浜の魅力づくりプロジェクト」と題し、授業の一環として企画・運営に取り組んでいます。(長浜商店街連盟共催、長浜市後援)
イベントでは「七本槍」で有名な冨田酒造さんはじめ、たくさんの地元酒造さんが出店していました。

 

まず受付でチケットを購入(10枚つづり1000円)。

それを金券として各々のお店を巡るシステムです。おちょこサイズのプラカップを学生さんから受け取ると、一杯100円からお酒が楽しめます。にごり酒やしぼりたての新酒、ワインやビールもありました。

 


ちなみに、この日長浜は大雪警報が発令されていたほどの極寒の日。

 

 

 

そのせいか、燗酒も用意してくれている酒造さんが目立ちました。やはり大人気だったようです。

ご多分に漏れず、しっかり燗酒で温まらせていただきました。雪と日本酒って合うんですよね~。どうして寒い中で飲むお酒ってあんなに美味しいんだろう。身も心も満たされた気分になりました。

そして朝からなんだかすみません、と言いたくなるほど幸せな気分にも。(笑)

 

出店の中には学生さんのワークショップも。

 

科学実験のサークルでスライムを作ったり、手作りサークルのショップではかわいいホイップマグネットを作らせてもらえたりと、お酒を飲みつつ昼間から楽しめるイベントもいろいろありました。

また日本酒の効能を科学的に分析もしている様子もあり、さすが大学のプロジェクトといった感じですね。

 

それから、お酒に合うアテとなるフードもいろいろ用意されていましたよ。

ちなみに私はビワマス丼を500円で食べることが出来ました。希少価値のあるビワマスをリーズナブルな料金でいただけるなんて本当にラッキーでした。謎解きラリーには、寒さと酔いですっかり手が届かず。(すみません)

翌日にまた行って体験しようと予定しておりましたが、さらにはげしい大雪にイベント自体が中止となりました・・・。

今回はレポートできませんでしたが、お酒が飲めない人も楽しめるイベントだと思うので、来年も開催されることがあれば、ぜひ家族で一緒に謎解きに挑戦してみたいなと思いました。

鴨みーる
鴨みーる

とあるオシャレな港町から豊かな琵琶湖のほとりに来た。好きなものはビールとウィスキー。あ、ワインも。いや、カクテルもほんとは深いのよ。日本酒忘れるとこだった。あ、梅酒も書いとこ。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。