「ちいさいおうち 手しごとの会」に行ってきました。in守山

「ちいさいおうち 手しごとの会」に行ってきました。in守山

9月12日(火)「ちいさいおうち 手しごとの会」に行ってきました。

ここのところ、ずっと晴天だったのですが、今日は、関西方面のあちらこちらで洪水警報が出るほどのどしゃ降り。

 

今日の気分は「電車でgo」だったんですが、雷のせいか電車が大幅に遅れていましたので、「車でgo」に変更。
ナビに言われるがままに進んでいたら、いつの間にか、観光地……。 守山って中山道の宿場町だったんですね。

会場は「守山キリスト福音教会」。駅から徒歩7分。

 

ちょっと遅れての到着だったので、始まっていました。

 

 

 

今日は「毛糸で編むにわとり」です。

 

最初に、材料のセットをいただきます。

 

持ち物に「小さめのはさみ、編み針、かぎ針」とありますが、なくても、編み針はその場で購入できます。

●2本で300円。

 

私もなかったので買いました。

 

さ、後は編み編みするだけです。

 

「子供のこと、自分のこと、悩んでることも、おもしろかったことも、ちくちく仕事しながら話 せるってよいなー♡」と、思っていたのは最初だけ。

 

編み物って、慣れていない者にとっては、めちゃくちゃハードル高く、必死でした。

 

最初は先生が目を作るところから教えてくださり、その後は同じ編み方をしていくだけなんですが、 目を数えたり、次はどこに針を刺して、どこの糸にくぐらせれば良いのか、ということを考えながら、ぎっちらぎっちら編んでいきます。

 

とてもじゃありませんが、話なんてする余裕もなかったんですが、人間、慣れるものです、ちょっとずつ話せるようになりました。

 

 

この「手しごとの会」は、JR守山駅近くにある「認可外幼稚園 ちいさいおうち ようちえん」に通園されているお子さんの保護者の方がメインとなり、活動されています。

 

ようちえん、もしくは家で使うおもちゃを手作りされ、素材は、毛糸などの天然素材。

 

こちらは今までに作られた作品たち。

「季節のテーブル」鉱物、植物、動物、人間など。

 

 

 

おもちゃ作りは「フライヤ・ヤフケ」さんの本を参考にされているそうです。

 

 

さて、フライヤ・ヤフケさんと言えば、シュタイナー幼稚園の手づくりおもちゃの本を出されていますが、こちらの「ちいさいおうち ようちえん」も、「シュタイナー教育」に基づいた保育をされています。

 

  • シュタイナー教育とは
    オーストリア生まれの哲学者ルドルフ・シュタイナー〈1861~1925年〉が提唱した教育でR.シュタイナーの人間観に基づいて教育が行われています。
    乳幼児期(第一七年期、0歳~7歳まで)は、
    肉体(からだ)を形成する時期でからだづくりは次の三つの段階
      第一期(0歳~反抗期) 頭部―感覚神経器官の形成
    第二期(3歳~5歳) 胸部―心臓肺、呼吸器の形成
    第三期(5歳~6歳)  四肢―四肢血液循環、新陳代謝の形成
    を経て肉体が形成されます。第一七年期は子どもの意志を育んでいます。
    【教育内容】
    「手本と模倣」という言葉がありますが、子どもは自分の意志で模倣し、行為することで獲得します。「歩くこと・話すこと・考えること」これらの能力は「模倣から」学んでいます。
    【大人の役割として】
    一つは、子どもを保護する(覆いになる)―騒音や機械音など刺激から護る。危険から護る。
    もう一つは、大人は「お手本(模範)」であり、子どもはお手本をまねをしています。
    ですから、大人は自分の行動・心の内面にも気遣いましょう!

 

こどもにあった生活ができる、という目線で 「ちいさいおうち ようちえん」を選ばれたみなさん。

 

私の中では、自然な教育にこだわる方は、出産方法も然り! という考えがありましたので、質問してみたら、ほとんどの方が助産院でご出産。 中のお一人は、お子さん3人とも自宅出産。その後も骨盤調整のため3週間立たずに(トイレも這って行かれたそうです)過ごし、見事、体のゆがみがなくなったそうです!うらやましすぎです。

 

お話進む中でも、ちくちくちくちくと作業はすすみ…

 

胴体完成まで、もうちょっと! がんばれ私!

 

 

そうこうしているうちに、おやつが登場。

 

蒸しパンです。ここにきての甘いもの、うれしいですね。

 

メンバーの方が作ってきてくださいました。 素朴でさっぱりした味わいなので、子どもはパクパク、さらにお代わりする子も!
私も子どもに混じっておかわりしたかった~

さて、終了予定時刻は11:30。
編み進めるのが遅く、「終わるのかしら…?」と不安に思っていたんですが、結局12時まで延長しても終わらず。

がっくし。

先生は次の予定があるとのことで、帰る間際に、にわとりのとさか部分を編んで下さいました。

 

 

あとは四角い胴体を三角におりたたんで綿をつめて

 

ちょっと餃子みたいですよね

 

 

 

縫い合わせて、はい完成!

 

 

余力あれば、ひよこもどうぞ。

 

在園児童13名のちいさいようちえん。こうやって志の合う仲間同志で、ちくちく手仕事。
のんびりほっこりした雰囲気を過ごすって、大切なことだと思いました。

 

月に一度のペースの「手しごとの会」次回は10月10日(火曜日) 「編み物・ねこ」を作るそうです。 ようちえんに通っているいないに関わらず、誰でも参加できます。

ちくちく、ぺらぺら、むしゃむしゃと楽しい時間を過ごしに覗いてみてください。

 

帰宅中、スーパーでこどものおやつにプリンを…と思っていましたが、今日の蒸しパンを思い 出し、久々にプリン作ることにしました。影響されやすい……

 

 

代筆:hatchi

今後の予定

日時 2017年10月10日、 11月14日、12月12日、2018年1月16日、2月13日 、3月13 日 ※全て火曜日
10:00~11:30
会場 守山キリスト福音教会 2F
守山市1丁目13-2
料金 材料費:200円
問い合わせ先 ちいさいおうち 手しごとの会
要申込み:chiisaiouchiteshigoto@gmail.com
リンク
備考 ※お子様連れ、初めての人、お一人でも参加可

 

看板屋 ごろ吉
看板屋 ごろ吉

大阪から流れて滋賀県大津市に。 晴れた日、近江大橋を自転車で渡っていると、 空も琵琶湖も青く「青いっぱいやなぁ」と幸せに包まれてます。 自転車、インドカレー、芋、栗、なんきん、柿大好きです。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。