2023.11-02(木)

  • 大津市

〝隠れ家〟のような朝食専門店「C mokko(シーモッコ)」で優雅なひとときを【大津】

gourmet

〝隠れ家〟のような朝食専門店「C mokko(シーモッコ)」で優雅なひとときを【大津】

隠れ家のような空間で、ほっこりとくつろぎながら朝ご飯をいただきませんか。

大津市にある朝食専門店「C mokko(シーモッコ)」は、店主が食材からこだわった食事がいただけると好評です。

店主の思いがつまった店内は、実家へ帰ってきたようなどこか懐かしい雰囲気。

内装は大工のご主人と息子さんが手掛けたそう。

▲まさに〝大人の隠れ家〟のような空間が広がります

店内へ足を進めると、温かな雰囲気を演出してくれるストーブを発見。「こちらは『ペレットストーブ』といって、薪を使用しないストーブなんですよ」とは店主の言葉。

▲店主の手書きのメニューが店内のところどころに。印刷された文字にはない温もりを感じます

メニューは「朝ごはん」(1,000円)「卵かけごはん」(500円)「お子様用朝ごはん」(500円)の3種類あり。朝ごはんのセットは卵が付いていませんが、プラス200円で追加することができます。

▲木をふんだんに使った店内には、清水さんの実家で使われていた大黒柱なども

木のぬくもりを感じられる店内でゆったりとくつろいでいると「お待たせしました!」と笑顔で料理を運んできてくれました。

▲ご主人お手製の木のお盆と信楽焼の食器がよくマッチしています

私が注文したのは、だし巻き卵と日野菜の漬物、豚汁など全7品+ご飯がセットになった朝ごはん。

この日はサケの塩焼きでしたが、サバの日もあるそう。また、小鉢に入ったお惣菜も日替わり。私が取材をした日は「かぼちゃの生麩あんかけ」「牛肉とピーマンの甘辛煮」「きゅうりとはるさめの酢の物」でした。

まずはだし巻き卵を一口。出汁が口の中にじゅわっと優しく広がります。自家製という日野菜漬けはシャキッとした歯ごたえがやみつきに。

日替わりのお惣菜は、どれも優しい味わいで心も体もほっこりとしました。

新鮮で味の濃い卵が美味しい!「卵かけごはん」で贅沢な朝を

▲卵かけごはんのセットは品数は少ないものの食べ応えあり

卵かけごはんは、豚汁と日野菜漬けがセット。濃厚なたまごがご飯によく合います。

「料理はダシからこだわっていますね。自分が食べてみて『おいしい!』と思うものを提供しています」と店主談。

白米は実家で育てたものを、野菜は地元で採れたものを使用しているそうですよ。

ちょっとぜいたくに過ごしたい休日の朝 や、夜勤明けの自分へのごほうびにも。

「滋賀県へ観光に来られた方にも、旅館の朝食のような感覚で食べに来てもらいたいですね」

〝母の優しい味〟をいただいて、すてきな朝のひとときを迎えませんか。

お店の場所や駐車場は?

来店には交通機関を使うのがおすすめ。駐車場も3台分ありますが、万が一満車になっている場合は同店スタッフに声をかけて。

駐車場までは少しわかりづらいかも。目印はこの看板

お店への曲がり道を反対側から見た景色

駐車場はこんな感じ。3台分停められます

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

haniwa

カフェや城跡、美術館へ出かけることが好きな29歳。たまーに粘土で埴輪を作ったりもしています。滋賀県の魅力を発信できるように精一杯頑張ります!

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊
  • 読者モデル大募集
  • 正社員・アルバイト募集 一緒にチェキポンをつくりませんか?

MAGAZINE

CHEKiPON
2024年23月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言 宮川印刷株式会社