2023.11-29(水)

  • 湖南市

「湖南市の魅力を伝えたい!」モニターツアーに参加してきました!【湖南市】

report

「湖南市の魅力を伝えたい!」モニターツアーに参加してきました!【湖南市】

基本情報を開く

一般社団法人 湖南市観光協会 いっぱんしゃだんほうじん こなんしかんこうきょうかい

所在地
湖南市岩根678-28 Googleマップ
電話番号
0748-71-2157

基本情報を閉じる

2023年11月に実施された、湖南市の魅力を探るモニターツアー。

まさぴょん

このチラシを手に取ったまさぴょんは「湖南市の魅力を伝えるのは、私しかいないでしょ!」と意気込み、すぐに申し込みしました。 ツアーの報告を見たあなたは、きっと湖南市に行きたくなるはず♪ [まさぴょんのイチオシ1~3]は、ココだけ情報なので必見ですよ!

四季折々の魅力あふれる西應寺(さいおうじ)で厳かに写経体験

西應寺に着くと、真っ赤なモミジが出迎えてくれました。思わず写真を何枚も撮ってしまいたくなるほどの景色に感激です。

写経体験は、厳かな雰囲気。心を落ち着けて、一文字一文字書き写します。

写経紙の下にお手本が敷いてあり、透けて見えるので、難しい漢字もなぞれば書くことができます。

ここは浄土真宗のお寺なので、親鸞聖人の「正像末和讃(しょうぞうまつわさん)」の一節を写経します。

墨と筆だと緊張しますが、筆ペンなので少しハードルも下がりますよね。

字を書く機会が少なくなった今、一画一画留めや払いに気を使ってじっくり書いていると、自然に心が落ち着いてきます。

文字を写しているだけですが、自然と美しい字になっていることも嬉しいポイントです。

本堂に移動して、短いお経の後、写経の内容について法話を聞かせていただきます。

椅子席なので、膝が痛い方にも気兼ねせずにお参りできます。

美しいお内陣や慈悲深い阿弥陀如来様のお姿に、心が洗われます。

住職のお名前と印鑑をいただき、持って帰ることができます。

以前別の寺で写経した時には、「奉納」ということで持って帰ることができませんでしたが、持ち帰れると記念にもなっていいですね。


更に、お楽しみポイント♪
庭園の見える庫裏に移動すると、季節の和菓子とお抹茶が待っていました。

和菓子は、お向かいの方の和菓子も美しかったので、一緒に撮影しました。
和菓子は一人一つなので、お間違えなく~。

少菩提寺絵図を見ながら、1200年の歴史について住職からお話を聞かせていただきます。
お抹茶と和菓子のおいしさとともに、西應寺の歴史に想いを馳せることができましたよ。


さらにおすすめのポイントは、美しい庭園です!


菩提寺の山と木々と空を借景にした枯山水の庭は、美しく手入れされていて圧巻です。
秋は殊更、深紅の紅葉が彩りを添えてくれます。

行楽客でごった返す有名な名所もいいですが、ここは正真正銘の穴場!
ゆっくりと心行くまで紅葉を堪能できますよ。

本堂の右側に鎮座する巨石はもちろん自然石で、開祖である良弁(ろうべん)僧正もここで座禅を組んだとか…上りやすい靴と服装であなたも登って、良弁僧正の気持ちになってみませんか?


「いい景色でしたよ」と実際に登られた方も、古に想いを馳せながら感激されていました。

まさぴょん

[まさぴょんのイチオシ1] 秋もいいけど、春の西應寺も見逃せない! 例年4月末から5月初旬にかけて咲く西應寺の雲南萩を、まさぴょんの撮影コレクションからご披露しますね♪ ピンク色に包まれる境内は、まさしく「花の寺」です!



【住所】湖南市菩提寺1677

【TEL】0748-74-1051

☆拝観料のみなら500円(拝観時間9時~16時)
☆写経体験料金2500円(お抹茶・生菓子付き・拝観料込み)…希望日の3日前までに予約願います。

天然記念物に心癒やされる。湖南市のシンボル「ウツクシマツ」

湖南市のシンボルである国指定天然記念物ウツクシマツ自生地にも行きました。

ここ美松山(びしょうざん)に自生するアカマツの変種で、根本部分から幹が多数に分かれているのが特徴です。

背が高いのも圧巻ですが、背が低いのはブロッコリーみたいで可愛くないですか⁈
珍しい松をぜひ実際に見に行ってくださいね♪

☆湖南市平松519-2
☆見学・駐車料無料、公衆トイレ有(年中無休)…見学は自由ですが、山の中なので夜は真っ暗です。ご注意ください。

長年愛され続ける湖南市の老舗「レストラン潮(うしお)」で美味なるランチに舌鼓

ランチのお店は、県道4号線沿いにあり、地元民に愛されて50年以上という「レストラン潮(うしお)」です。

洋食・和食・麵類からカフェメニューまで揃っていて、親子三代で通うという地元のお客様も多くおられます。

天井が高く、木材を多く使っているので、ログハウスに来たような気持ちになれます。
10人がゆっくり座れる、一枚板のテーブルは落ち着きますね。

別棟には、多人数に対応できるパーティルームもあります。
もちろん観光客の方も、ビジネスの方もおられ、思い思いに食事を楽しまれています。

今日のランチは、ポークやエビなどを味わい豊かに盛り合わせた、特別料理をいただきました。

「地元野菜を提供しています」とシェフからお料理にかけるこだわりのお話が聞けました。

県道にある石垣は、大津市坂本で有名な穴太(あのう)積み。


湖南市で見られるのは、とっても貴重なんですよ。

奥のドウダンツツジの植え込みの葉が赤く色づき、秋を存分に感じながらお食事できました。

【住所】湖南市夏見789

【TEL】0748-72-0208

【営業時間】11:00~14:00・17:00~20:30

【定休日】月・火曜日 

【駐車場】広い駐車場あり

まさぴょん

[まさぴょんのイチオシ2] 店奥の窓側席は、春にはソメイヨシノのお花見をしながらお食事できる「まさぴょん的お花見席」(^^♪ 開花時期には、ぜひ「桜が見える席にしてくださいと」席指定して予約することをお勧めします☆

老舗の酒蔵で見つける特別な手土産にもぴったりな北島酒造のおいしいお酒

創業約200余年、日本酒一筋の北島酒造も湖南市のおすすめスポット。

旧東海道沿いにある酒蔵なので、東海道五十三次をハイキングする方の立ち寄りポイントとしても有名です。

「きれいな水と美味しいお米のある所には旨い日本酒あり」と言われていますが、まさしくその通り!

玄関の左手、大きな杉玉の下にも、お店の中にも、こんこんと清水が湧いています。

店内にも湧き水が。澄み切った水の美しさに感動

東に広がる鈴鹿山系からのやわらかく上質な伏流水は、酒造りの命とも言えます。

紅の暖簾に染め抜かれている「御代栄(みよさかえ)」は、北島酒造の定番のブランドで、甘口の清酒です。

店内では試飲もできますので、ぜひ実際に行って、あなたの目と舌で旨い酒を試してくださいね。

【住所】湖南市針756

【TEL】0748-72-0012

【営業時間】9:00~17:00

【定休日】日曜日(年末年始休業…12/30~1/3)

【駐車場】徒歩1分ほどの近隣にあり

歴史を感じる宿場の里・東海道石部宿歴史民俗資料館へ

石部宿場の里は、歴史ある石部宿をぎゅっと凝縮した文化ゾーン。

入り口である関所をくぐると、かやぶきの農家、旅の疲れを癒す旅籠、茶屋、商家などが再現され、まるで江戸時代にタイムスリップしたようです。


東海道石部宿歴史民俗資料館には、貴重な文化遺産・歴史資料が一堂に展示されていますので、湖南市や石部宿についてたくさん知ることができますよ。

まさぴょん

[まさぴょんのイチオシ3]宿場の里・東海道石部宿歴史民俗資料館は、雨山運動公園・文化ゾーン内の一部分になります。駐車料・入場料無料で「臥龍の森」という散策コースを自由に利用できることは、あまり知られていないようです。ちょっとした山登り気分で自然豊かな竜王の峰(標高280m余)に登るのも、おすすめです(^^♪


【住所】湖南市雨山2丁目1-1

【TEL】0748-77-5400

【開館時間】9:00~16:30

【休館日】月曜日、祝日の翌日、年末年始(12/28~1/4)

【入館料】大人   350円(20人以上の団体は300円)
     児童・生徒150円(20人以上の団体は100円)
     障がい者 170円(20人以上の団体は150円)

【駐車料】無料

石部宿散策に、ちょっと立ち寄りたい田楽(でんがく)茶屋でほっこり


安藤広重が描いた石部宿「田楽茶屋」をもとに再現された休憩所。
東海道を歩く旅人や地元の方々に飲食を提供しています。


旅人気分にもなれるので、ぜひお立ち寄りください。
JR石部駅へも、徒歩でももう少しの場所ですよ。


【住所】湖南市石部西1丁目8-19

【TEL】0748-77-5300

【営業時間】10:00~16:00
【定休日】月曜日

まさぴょん

湖南市の魅力、伝わりましたでしょうか?[まさぴょんのイチオシ1~3]は、地元民ならではのレア情報ですので、ぜひお友達にも教えてあげてください♪秋も春も訪れて欲しい湖南市は、皆さんのお越しをお待ちしています(^^)~~


この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

まさぴょん

「滋賀応援団」の団長を目指しています。滋賀のいいところをいっぱい発信したいので、みなさんのまちの情報も教えてくださいね。

コメント6

コメント

レストラン潮

レストラン潮です
まさぴょんさん、素敵な記事を書いてくださってありがとうございます
感謝

レストラン潮の年末年始の営業時間をお知らせさせていただきます。

12月30日まで通常営業

12月31日11時〜14時(ラストオーダー13時30分)夜は休みます

元旦お休み

1月2日と
1月3日は
11時〜15時(料理のラストオーダー14時、ドリンクラストオーダーは14時30分)
17時〜20時30分(ラストオーダー19時20分)

1月4日お休み

1月5日から通常営業です

お客様のご来店をお待ちしています。

一般社団法人湖南市観光協会

このたびは「湖南市秋の魅力を探るモニターツアー」にご参加いただきありがとうございました。
また魅力的にご紹介をいただきありがとうございます。
湖南市自慢のスポットばかりです。みなさまもどうぞ湖南市へ遊びにお越しください。
心よりお待ちしております。

いいいい しんなこ

湖南市って、なんて見どころ満載なんでしょう。写経やお抹茶など私たちの年代にどハマりじゃないですか!ま、どんな年代なのかは明らかにしませんけどね(笑)。
湖南市の魅力、私にはビンビン伝わりました!また教えてもらえるのを楽しみにしています。ありがとうございます。

まさぴょん

レストラン潮様
湖南市観光協会様
いいいい しんなこ様

みなさま、心温まるコメントをありがとうございます。
こんなにいいところが、身近にあったなんて(;・∀・)
という感想をあちらこちらからいただいています。
まさぴょんもどんどん地元の魅力を発信していきたいと思いますので、これからも記事を読んでくださいね(^^♪

モモンガ

潮さんの素敵なお店と美味しいお料理、大好きです♡湖南市で写経体験ができるとは知りませんでした!気になります

まさぴょん

モモンガ様

記事を読んでくださって、誠にありがとうございます。
レストラン潮、年末年始、春も秋もぜひ食べに行ってくださいね(^^♪
西應寺さんの写経体験は、まだまだ知られていないので、お友達を誘ってぜひ行っていただきたいです。
まさぴょんの、過去の記事にも湖南市が出てくるので、ご覧いただければ嬉しいです。

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊
  • 読者モデル大募集
  • 正社員・アルバイト募集 一緒にチェキポンをつくりませんか?

MAGAZINE

CHEKiPON
2024年4月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言 宮川印刷株式会社