2023.7/9(日) ~ 2023.7/9(日)

  • 草津市

さわやかな青がキレイ!【7/9】『くさつあおばなフェスタ』であおばなの魅力を発見!in 草津市立水生植物公園みずの森【草津】

event

さわやかな青がキレイ!【7/9】『くさつあおばなフェスタ』であおばなの魅力を発見!in 草津市立水生植物公園みずの森【草津】

基本情報を開く

くさつあおばなフェスタ

日時 2023年7月9日(日)

9時から12時
会場 草津市水生植物公園
料金 【入園料】大人/300円、シルバー(65歳以上)/150円、高校生・大学生/250円、中学生以下/無料
問い合わせ先 草津あおばな会事務局

(草津市役所4階 農林水産課内)

電話 077-561-2455

基本情報を閉じる

「草津あおばな」ってご存知ですか?

あおばなは、“草津市らしさ”をもつ「草津ブランド」に認証されている「草津市の花」。

毎年7月から8月の最も暑い時期にキレイな青色の花を咲かせます。

主に「あおばな紙」の原料として、江戸時代から草津で栽培されてきた「あおばな」。

そのあおばなを使ったモノづくりなど、あおばなを身近に感じられる楽しいイベントをご紹介します!

あおばなフェスタチラシ

あおばなストラップづくり・うちわ塗り絵体験など「あおばな」に親しむ体験ができちゃう!

あおばなストラップ1


とってもきれな青色!

この色を取り出すため、あおばなの花弁から搾った汁を和紙で何度も塗り乾かして、色を定着させたとのこと。

昔は着物の下絵描に絵の具として使用されましたが、現在は着物の需要が減ったことや
化学染料の登場によって存続が難しい状況なんだとか。

ワークショップでは、このキレイな青色を使った「ストラップ作り」や貴重な青花紙を使う「うちわ塗り絵体験」が体験できます。

夏にぴったりの自分だけの作品を作ってみてはいかがでしょうか。

あおばなストラップ2

ライブ!?

さて、ワークショップとは別にライブや講演も企画されています!

あおばなフェスタチラシ裏


『イベントスケジュール』

 9:45 〜十七弦箏演奏
 10:30〜あおばな講演
 11:20〜GINLALAスペシャルライブ

当日は、「あおばなイメージソング」も聴けるとのことですよー!
お楽しみに!

親子で楽しめるイベントが盛りだくさんなので、ご家族での週末のお出かけにもおすすめです!

「あおばな」は食べられる?

染め物としての出番が少なくなってきた「あおばな」ですが、近年「お茶」「クッキー」など様々な食品に活用されているとのこと。

「あおばな」を使った商品は、「道の駅草津」や「草津あおばな館」などで販売されているので、見かけたら是非お手にとってみてくださいね。

「食べても作っても楽しめる、あおばな!」のファンになって、「あおばな」を盛り上げましょうー!

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

看板屋 ごろ吉

大阪から流れて滋賀県大津市に。 晴れた日、近江大橋を自転車で渡っていると、 空も琵琶湖も青く「青いっぱいやなぁ」と幸せに包まれてます。 自転車、インドカレー、芋、栗、なんきん、柿大好きです。

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊
  • 読者モデル大募集
  • 正社員・アルバイト募集 一緒にチェキポンをつくりませんか?

MAGAZINE

CHEKiPON
2024年23月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言 宮川印刷株式会社