2023.4-5(水)

  • 長浜市

黒壁スクエアに誕生! 観光ついでに立ち寄れる、近江牛ラーメン「善吉商店」&近江牛あぶり寿司「長浜黒牛」の2店舗で、気軽に極上近江牛を。【長浜】

gourmet

黒壁スクエアに誕生! 観光ついでに立ち寄れる、近江牛ラーメン「善吉商店」&近江牛あぶり寿司「長浜黒牛」の2店舗で、気軽に極上近江牛を。【長浜】

基本情報を開く

善吉商店/長浜黒牛 ぜんきちしょうてん/ながはまくろうし

所在地
長浜市元浜町8-11 Googleマップ
営業時間
11:00~17:00(LO16:30)
定休日
不定休
駐車場
なし(近隣にコインPあり)
SNS
Twitter

基本情報を閉じる

歴史とモダンが交錯するまち・長浜。滋賀を訪れたら、一度は足を運んでほしい観光地のひとつとして人気が高い黒壁スクエアはいつも多くの人で賑わっています。

そんな長浜・黒壁の地に、滋賀が誇るブランド牛・近江牛を存分に満喫できるメニューを携えて新たにオープンした2店舗。

〇近江牛ラーメン 善吉商店(ぜんきちしょうてん)
〇近江牛あぶり寿司 長浜黒牛(ながはまくろうし)

天保元年(1830年)に創業して以来、滋賀・東近江を拠点に展開を続ける「大橋珍味堂」さんが手がけるこちらのお店。

先日、オープンに先駆けておこなわれた内覧会へ行ってきましたよ!

とろける肉の旨みと甘み! 厳選素材で作るやさしい味の近江牛ラーメン

○ 近江牛ラーメン「善吉商店」

近江牛を使った贅沢なラーメンを楽しめるのが「善吉商店」。懐かしさを感じるスタイリッシュな外観で、ラーメン屋のイメージを覆します。

▲お店の外にはベンチやテーブルなどを備えています

店内は、木造建築を活かした和モダンな空間。

入店してすぐ、カウンターで注文。受け取りのブザーが鳴ったら料理を取りに行くシステムで待ち時間も軽減。(混雑時は先に席の確保をお願いすること)

今回はなんと、こだわりの近江牛ラーメンと、同時オープンの「長浜黒牛」で楽しめる「近江牛あぶり寿司」をいただいてしまいました。ありがとうございます!

芳醇な香りと味。伝統製法の醤油を使った、コク深い「黒」に舌鼓

登場するなり目に留まるのは、器を覆うほど大きな近江牛のモモ肉。しっとりと柔らかく、しっかりと肉の味を感じられる、まさに「近江牛ラーメン」の名にふさわしい一杯ですよね。

木之本にある「ダイコウ醤油」の「あまいろ」を使った醤油ベースのスープが特長の「黒」は、杉桶で三年熟成諸味を使ったコク深い味わいが近江牛によく合います。

▲近江牛ラーメン「黒」1,480円

こっくりと味わい深く、少し甘めのスープが贅沢です。

味わい深い“黄金スープ”が美しい。だしが決め手の近江牛ラーメン「白」

今回、私がいただいたのは、あっさりとした味わいが人気という「白」。昆布やいりこ、宗田かつおなどからとったスープは、香り高く旨みたっぷり。あっさりとしながら、だしの香りが際立ちます。

後口すっきりとした黄金色のスープは最後の一滴まで飲み干せそうなほどおいしい!

▲近江牛ラーメン「白」1,480円

透き通ったスープが本当にキレイ! しつこさは全然なく、するすると食べやすいのも魅力です。

スープだけでなく、麺や付け合わせまでこだわりいっぱい

麺は、北海道産小麦を100%使い、地元・東近江の製麺所「丸菱製麺」と共同開発したという細麺を採用。ツルツルとなめらかでコシがあり、歯切れの良さも魅力です。

原料や製法にまでこだわり抜いた「近江牛ラーメン」。黒も白も、どちらも違った味わいでめちゃめちゃ美味しいので、家族や友だちとシェアして楽しむのもよさそうですね。

どちらのラーメンも、レモンで酸味を、柚子で香りをプラス。添えられた白髪ネギとカイワレの食感も小気味いいですよ。

付属の薬味は、赤味噌・柚子胡椒・自家製ニンニク醤油。少し加えるだけで、ラーメンの味がグッと引き締まります。

特におすすめという赤味噌は、コクや甘さを加えてくれるそう。

女性でも入りやすい洗練された店内と、しつこくなく、旨みあふれるやさしい味わいのラーメン。長浜観光のお昼ご飯に、ぜひ味わってみてください。

口の中でとろける極上の味わい。近江牛あぶり寿司を散策のおともに

○ 近江牛あぶり寿司「長浜黒牛」

近江牛のあぶり寿司を味わえるのは、善吉商店のすぐ隣に構える「長浜黒牛」。極上の近江牛を気軽に楽しめます。

善吉商店でのイートインも可能ですが、やっぱり黒壁スクエアをめぐりながらの食べ歩きを楽しみたい!ですよね。

テイクアウト時は、お店の外から注文を。食べ歩きする際には、お寿司をえびせんに乗せて提供してくれるから、ゴミも出ずに衛生的。

※写真はイメージ

あぶり寿司は、赤身・大トロ・ローストポークの3種に加え、3つ全部を楽しめる「3貫セット」もあり。

まろみのあるやさしい酸味の「赤酢」を使ったシャリにのった、大ぶりの近江牛がたまりません!

口のなかでとろける脂の甘みと肉の旨みに、ついつい手が止まらなくなること請け合いですよ。

オリジナルブレンドという特製ダレが味をまとめ、西洋わさびが肉の脂をすっと中和してくれるのでいくらでも食べられそう。

わさびの爽快感がお肉の味をさらに引き立てていて、とってもおいしかったです。

SNS映えを狙えるフォトスポットもあり

お店の外には写真撮影にぴったりの壁面アートも。
友だちと一緒に、あぶり寿司片手に写真を撮るのも楽しそう。

▲店前の壁面にもかわいいモチーフが。

長浜の地に誕生した、滋賀らしさ満点の2店舗。幅広い世代から愛される近江牛を、手軽に楽しめる話題のお店に大注目ですよ。

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

hatchi

チェキポン編集部。大津市在住。コーヒーとビールと活字があればとりあえず生きていけます。今はもっぱら自転車にハマってます。

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊
  • 読者モデル大募集

MAGAZINE

CHEKiPON
2023年12月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言 宮川印刷株式会社