竹とうろうの灯りに願いをのせて「くもい竹宵の夕べ」☆彡

竹とうろうの灯りに願いをのせて「くもい竹宵の夕べ」☆彡

ゆみ

7/8(土)に信楽町雲井で開催された「くもい竹宵の夕べ」に行ってきました。七夕が近づくこの時期に、みんなで短冊や竹の灯ろうに願いごとを書いて飾るんだって!

 

 


信楽高原鐵道の雲井駅前広場には、竹で作られた大きなアーチと、約500個もの竹灯ろうが並べられていました。

 

 


会場で短冊に願い事を書いて、アーチに飾りつけていきます。

 


竹灯ろうには、地域の方々や子ども達の願い事が書かれていました。

 

実行委員長の宇多さん

今年は新型の竹とうろうを作ってみました。

 

ゆみ

あ!実行委員長の宇多さんじゃないですか、こんばんは。
え?今、新型とおっしゃいましたか?

 

宇多さん

そうです。去年は紙コップを使った灯ろうでしたが、今年は願い事を書いた和紙を竹に貼って作ってみました。「くもい竹宵の夕べ」は今年で5回目になるんですが、毎回同じ物ではなく、年々改良や工夫をこらしているんですよ

ゆみ

そうなんですね!毎年、違った灯りが楽しめますね!

宇多さん

(うーん、作る側は少し大変なんだけど・・・。でもそれがやりがいに繋がっているんだね!)

 

 


ステージでは地元の子どもによる演奏が始まりました。

 

焼きそば・かき氷・たぬきバーガーなど、飲食ブースも充実!

 


日が暮れはじめ、ひとつひとつ火が灯されていきます。これからが「くもい竹宵の夕べ」の見どころ!

 

灯ろうに書かれたみんなの願い事が、やさしい灯りに包まれて幻想的な雰囲気に。竹のアーチも、明るい時とはまた違った表情。

 


宇多さん

今回の「竹宵の夕べ」は特別で、今年開業30周年を迎えられた信楽高原鐵道さんとコラボし、中村月子さんのライブも実現しました。

 

 


中村月子さんは甲賀市出身のミュージシャン。信楽高原鐵道の テーマソング『高原列車でいこう』も歌われています。
この日は、列車内でトークショーとミニライヴを楽しめる「月子列車」を特別に運行。雲井駅に到着した中村さんは、竹宵の夕べ特設ステージへと移動し、ここでもライヴを開催。贅沢なひと時となりました。

 


辺りが暗くなるにつれ、美しく浮かびあがる灯ろうのあかり。

 

 


宇多さん

「竹宵の夕べ」のシンボルである竹アーチの全長を、例年より長くしました。これも今年のこだわりポイントです

 


竹の灯りが、こんなにもやわらかく幻想的だなんて!

 


「子ども達と何か一緒にしたい。子ども達の原風景となればいいな」との思いで始められた「くもい竹宵の夕べ」も今年で5回目。

 

 

宇多さん

子どもたちが大人になっても、”楽しかったな、きれいだったな”と心に残ってくれれば嬉しい。また人と人のふれあいの場、キッカケとなれたらうれしいですね

 

ゆみ

みなさんは、どんな願い事をしましたか?☆彡

 

 

くもい竹宵の夕べ

日時 2017年7月8日(土)

18:30~21:00

会場 信楽高原鐵道 雲井駅前
料金 無料
問い合わせ先 0748-83-8531(事務局)
リンク https://www.facebook.com/events/439358233088458
備考

 


コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。