【編集部コラム】しずかちゃんはB型(ミナきち)【第10弾】

【編集部コラム】しずかちゃんはB型(ミナきち)【第10弾】

しずかちゃんはB型で間違いない!
と、のっけから何を言っているんだとお怒りの方、どうか落ち着いてください。
戻るボタンにかかったその親指を離し、どうか最後までお付き合いください。

もはや文化のひとつとして日本に根付いている血液型性格診断。

「そういうとこ●型っぽいなー」
「●型らしいね」
「いえ、違います…」

こんなやり取り、よく見かけませんか?
今回はこんな話をしてみようと思う。私の独断と偏見が大いに入り混じりますが、誹謗中傷なんかを書き込まれたりしたら濃いめの塩酸でもぶっかけますので覚悟しておいてください。いっそコメント欄閉じといてくれよなhatchi。

 

 

血液型性格診断とは、「特定の血液型に特有の性格傾向がある」というもの。
一般的に言われるのは、

A型…真面目・几帳面
B型…マイペースで自由
O型…おおざっぱでおおらか
AB型…二面性があり変わり者

そして日本人の血液型の割合はおおよそ

A型…40%
B型…20%
O型…30%
AB型…10%

という傾向。あ、筆者はA型の抜け毛が気になる43歳♂ですイエーイ。

日本で血液型健康診断が浸透しだしたのは昭和初期。「古川竹二」という大学の教授が論文で「血液型による気質の研究」を発表したのが始まりだと言われています。その後いろんな学者や医者に揉まれ揉まれまくり、現在のいわゆる「血液型占い」に定着したそう。
ちなみにこの血液型占いが浸透しているのは、発祥である日本をはじめ韓国や台湾といった一部の国だけ。実はこれだけ4つの血液型がほどよいバランスで分布しているのは日本や韓国などだけで、例えば純粋ブラジル人はほぼB型、インド人はO型と、その昔疫病が流行った時に特定の免疫を持つ血液型だけが生き残ったためと言われています。日本は移民の国だから4つの血液型がいろんなところから入り込んだ訳ですね。

で、この血液型占い、実はなんと科学的根拠はなし!と断定されています。
その理由は「バーナム効果」。いわゆる、なに言われても当たってるやんそれ、ってやつです。特徴を別の血液型のものと入れ替えて提示しても、ほとんどの人が「当たっている」と回答したという研究結果付き。

しかしあえて言おう、血液型性格診断は当たっていると。
別に血液型で性格が決まるとは言ってないのよ。要は、性格って何で形成されるのって考えると、やっぱり両親の性格だったりするのかなって思うわけ。
で、血液型ってのは両親から遺伝するやん?だから必然的に性格には血液型がくっついてくるってメカニズム。
どうこれ、かなり納得じゃない?

というわけで今回の本題。
A型・B型・O型・AB型の4つの血液型が見事に体現されているであろうグループを発見したんです。

それは、誰もが知る国民的アニメ「ドラえもん」。あの仲良し4人+1体グループは、この血液型性格診断が見事に当てはまってるんですよ。
ドラえもんはロボットなので除外。のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫、この4人の性格と血液型についての私なりの考察を、耳の穴かっぽじってぜひ聞いて頂きたい。

■のび太…O型
何度怒られても懲りない聞かない、それでいてストレスフリーの如く良く眠り、寝たらたいていのことは忘れ気持ちはリセット。おおらかでおおざっぱ、そしていつもしずかちゃんに振り回されているのび太は、そんないわゆる「O型」を地で行くメンズである。

■ジャイアン…A型
グループのピンチには必ず発動する彼の男気と責任感。リーダーシップがあり、でも一匹狼ではない。チームを大切にするその心の奥底は、実は繊細で寂しがり屋。いつも最前線で、何かに怯え何かと戦い続けるその姿は、まさにA型特有のものだと言える。

■スネ夫…AB型
彼はもう顔面がAB型である。細目はAB型に多い。わが社のFujicoも細目でAB型。そして、矢吹ジョーよりも尖った前髪。あれで外に出られる勇気はAB型しか持ち合わせていない。いろんな人にいい顔をして人間関係をこじれさせるし、あまり本音を言わない。ちなみにスネ夫には、公式設定で「スネツグ」という弟がいる。養子に出されアメリカ在住。これは血液型に関係なし。

■源 静香…B型
なんともはんなりした名前じゃないか、このB型。俺は騙されへんぞこの悪女。はぁはぁ…。
まずはどこを旅していてもどんな状況でも、空気を読まずお風呂に入りたいコール。これはB型の強靭な精神でないと言えない。仲間が悪者につかまっていても、どれだけピンチでも、夜になればとにかくお風呂をせがむ、ニトログリセリンのような女。そして、何か便利グッズを出してもらうものなら、「まぁ素敵」とな。いやそこはまず「ありがとう」やろ。ジャイアンでも「おお、心の友よ」と、照れ隠しのような礼を言うのに。彼女はとにかく自分ファースト。自由がすぎるぜしずかちゃん。

とまぁ、筆者の個人的感情が炸裂でしたが、ぜひこれを元にアナタのドラえもんの記憶を呼び覚まし、大長編の映画でもご覧いただきたい。なるほど言われみればの瞬間に多々気付くだろう。

ここまで読んで「おいおい、特定の血液型の悪口になってるやん」と思ったそこのアナタ。そう、アナタは正しい。しかし聞いてほしい、この小生でただ一度、私の頬を思い切りひっぱたいたのがB型女性だったことを。忘れもしない、冤罪なのに人前でいきなりばちーんとやられるあの辛さ。忘れないよS子。そう、君はB型だったね。お父さんもお母さんもB型、交じりっけなしのB型だったね。
A型はB型には勝てない、そう噛みしめて43年間生きてきた。世のA型を救わねば。そう思い筆を取った次第だ。これはもはやトラウマではない、疾患なのだ。

ちなみに私、占いというものは一切信じないタチ。星占いも姓名判断も手相も何もかも。だって、何言われても当たってると思うから。
え、それって「バーナム効果」やん?となると血液型占いも同じやん、という結論にいきつく。
うーんなるほど、まだまだ自分探しの旅は続く。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。