「汽船deおでん体験会」に行ってきた

「汽船deおでん体験会」に行ってきた

1月18日(水)、ナイトクルージングとお酒&おでんを楽しめる「汽船deおでん」の体験会に行ってきました!

 

本運航は、1月21日(土)がスタートですが、ひと足はやくに体験!
京阪電車で開催されている「おでんde電車」の姉妹企画として3年目を迎える今回は、過去2回から趣向を変えて、「創作フレンチおでん」が登場するそう。
食事会場の[びわ湖大津館]のフレンチレストランが提供してくれるとあって、期待大!

 

「汽船deおでん」当日は、18:30に大津港を出港するので、この体験会も同じく18:30スタート。
しかし、まさかの出港ギリギリに到着・・・。
アブネーアブネー。
あやうく乗り遅れるところでしたよ。
大津港旅客ターミナルで受付して、乗船券と「ワイン引換券」、クルージングのパンフレットをもらいます。

 

いざ、乗船。

 

 

高速船「ランシング」で柳が崎湖畔公園港まで約15分のクルージングです。

 


ウエルカムドリンクには、ホットワインが楽しめます♪
冷えた体に、このあったかさが浸みるわぁ~
と、ホットワインを堪能♪

 

「それでは、乾杯の声で出港いたします」

!?

「「「かんぱ~い」」」

そのとき、既にワインを飲み干していた我々、空のグラスで乾杯・・・。

乾杯時に撮影し忘れたドジな我々のために、女性船長さんが再度乾杯してくれました!

 

 

 

今回、スタートを18:30に変更したため、ちょうど窓からはライトアップされた「びわこ花噴水」が!
しかし、我々の席からは反対側・・・。

 

 

当日乗る時には絶対右側がおすすめですよ!

 

船内は和気あいあいとしてますが、ワインと一緒にチーズの提供とか、液晶に大津の夜景が映るとかだと、より楽しめそうな気がしますね。
スタッフの方々、来年以降よろしくご検討下さいませ~
クルージングを終え、柳が崎湖畔公園港に到着。


夜の[びわ湖大津館]は、幻想的な雰囲気ですね。月が出ていたら絵画の世界ですよ~。

 

 

まず、最初にもらった「ワイン引換券」1枚と、赤or白のワインを交換。
ワインはソフトドリンク、チューハイ、ハイボールに変更もOK。
ビールが飲みたい人は、チケット2枚と引換えれば変更OKとのことですよ。

[びわ湖大津館]のレストランにて食事を楽しみます。
20:00に柳が崎湖畔公園港を出港するそうなので、75分間の食事タイム。
テーブルには、メインディッシュの「コンソメで煮込んだ大根 フォアグラテリーヌとキノコのクリーム」、アミューズ、どうみても和風のおでんがグツグツ・・・。

 

パンフレットによると、おでんは「トッピングで変身!?」とのこと。
なるほどなるほど。和から洋への変化を楽しむ創作フレンチおでんってことですね。

 

メニュー表におでんについての説明が。
・まず、おでん鍋に粉チーズを入れる
・グツグツしたら具を食べる
・最後に、焼きおにぎりを投入してリゾット風に

 

なるほど~。
創作フレンチおでんってそういうことですね。納得。
楽しみですねぇ~

 

しかし、まずは料理の写真を撮らねば!と、カメラで写真を撮りまくる我々。
せっかくのスタッフさんの「あたたかいうちに食べて欲しい」という気遣いをよそに、構わずバシャバシャ撮りまくってすみません・・・

 

おでんを楽しむ前に、メインディッシュとアミューズをいただきます。

 

コンソメで煮込んだ大根 フォアグラテリーヌとキノコのクリーム

トリュフ風味の洋風茶碗蒸し なめ茸あん

仔牛スネ肉の煮込み 西京みそ風味

 

さすがフレンチレストラン。
ワインにぴったり♪ 繊細で上品なんだけど、しっかりお味がついていて、ワインいくらでも飲めそう~

 

セレブな気分を味わいながら完食しました。これだけで、3800円の価値あります。

 

 

さぁ、ではフレンチおでんに取りかかりますよ~

 

 

しかし、さっきまでグツグツいってたおでんの火がすっかり消えてしまっております。
新しく火を付けてもらって、粉チーズを投入!

 

 

グツグツ煮えたところで、具材をひとくち。

 

寒い日のおでん、最高ですよね! 味も申し分なし。

 

でも、あんまりチーズ感は感じられないような・・
大根はチーズ感あるよ
チーズ感を出すなら、フォンデュくらいのチーズがないとダメかもしれないね

などといいながら具をペロリ。詰まるところ、おいしいんですよ。
おでんの味はめちゃくちゃおいしいんです!

ただ、チーズを入れたけど“チーズ感”がないっていうだけなんです。

 

 

最後に、焼きおにぎりをイン
くずしてリゾット風にしていきます。くずす前の写真を撮り忘れるという失態もご愛敬ですみません。

 

おいしい~♪

けど、リゾットにしては、ちょっとカツオの味が濃いかも?

スープが足りなかったのかしら?
和風な感じで、ちょっと”おじや”っぽい味にほんのりチーズが香ります。
粉チーズをちょっと残しておいて、チーズ感をプラスしてみたら、また違った味わいに。

 

料理撮影に夢中になりすぎて、おでんの汁が少なくなっちゃったかのが残念。
ちょうどいい塩梅で作れたらよりおいしく味わえたのかしら?
スタッフさんが、汁の量とかチーズとか調整して作ってくれるとかしたら、ベストな状態が楽しめるかも。

よろしければ、来年以降ご検討くださいませ~

 

 

出港まで少し時間があったので、展望がおすすめという3階へ

ずっと前から変わらず運転しているレトロなエレベーター。風情ありますね

 

 

夜景を一望できる、ロマンティックな空間が広がります。これはデートできたらやられちゃいますね~。この時期はめっちゃ寒いですけどね~

 

 

 

 

帰りのクルージングは、船内の電気が消えていっそう”ナイトクルージング”感が満載

 


よし、帰りは左側に乗ったから、確実に花噴水が見えるはず!リベンジ!
と意気込んでいたのですが・・・花噴水の時間が終わってました・・・(涙)
公式サイトによると、12月〜3月は18:00〜19:00(ライトアップも同時間帯)だそう。
やっぱり、行きに右側に乗るしかないですね!
残念・・・。

 

 

無事、大津港に到着。下船して帰路につきます。

 

車で行く場合は、大津港のタイムズへ停めると便利です。
駐車券と乗船券を持って、アーカス内の「湖のえき」へ持って行くと、サービスしてくれるそう。
でも、飲酒運転はダメ、ぜったい。ですよ。
毎年、新たな試みで我々を楽しませてくれる「汽船deおでん」。

詳細はこちらをチェック!

クルージングとワインとフレンチおでんの競演、ぜひ満喫してみてくださいね。

編集部 hatchi
編集部 hatchi

チェキポン編集部。大津市在住。コーヒーとビールと活字があればとりあえず生きていけます。今はもっぱら自転車にハマってます。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。