サンタ列車でアットホームであったかいひとときを

サンタ列車でアットホームであったかいひとときを

12月25日(日)、信楽高原鉄道のサンタ列車に乗車してきました!

今年で18回目を迎えるサンタ列車。いつもの信楽高原鉄道もかわいらしいサンタ姿に変身! 貴生川駅ホームで列車を見つけるなり、早くも興奮し駆け出す子供たちの姿もありましたよ。

 

サンタ列車は1日2往復、信楽駅と貴生川駅どちらからでも乗ることができます。

この日は最終日で、またクリスマス当日ということもありたくさんの家族連れで賑わっていました。

 

 

車内で出迎えてくれたとっても笑顔の素敵な3人のサンタ。

こちらのサンタたちは近隣の大学で幼児教育を学ばれている学生さんたちなのだそう。保育士の卵というだけあって、さすがは子供への語りかけもとっても優しく上手です。車内でのプログラムはこちらのサンタたちが全て自分達で決めているそう。

 

他にもたくさんのサンタたちがいて、乗車する日時によって内容も違うそうなので期間中に何度か乗車して、いろいろなプログラムを楽しむのもいいかも。

 

列車が走り出すと、まず始めに「きよしこのよる」のアカペラ演奏が始まりました。透き通るような音色が車内に響き渡ると、一気にクリスマスムードが高まります。

キーボード演奏による「おどるポンポコリン」では、みんなで手拍子したり用意された鈴やタンバリンで演奏に加わったりと、とっても和やかな雰囲気。他に紙芝居やサンタの手遊びも行われ、子供はもちろん大人もほっこり笑顔になる演出でした。

 

最後はおなじみ「Let it go」。

サンタと一緒に歌ったり楽器を鳴らしたりと、みんなで一緒に作り上げる一体感に、心がじんわり温まりました。まだまだ名残惜しい気持ちを残しながらも列車は終点[信楽駅]に。

最後にはクリスマスプレゼントがサンタの手により1人1人に配られ、子供たちは皆とびきりの笑顔で受け取っていましたよ。

 

 

 

 

信楽駅ももちろんクリスマスムード全開!

駅のいたるところにはたくさんのサンタたぬきの姿が! 駅前の大だぬきもこの日はサンタに大変身! 記念に一緒にパチリ。それにしてもおっきいな~。

 

 

信楽駅の中には信楽焼を扱うお土産屋さんもあり、ここにも愛らしいサンタたちが。

他にも駅周辺には信楽焼を扱うお店がいくつもあるのでゆっくり散策してから復路に着いてもよさそうです。御食事処やおしゃれなカフェも近くにありましたよ。

 

今年のサンタ列車はもう終わってしまいましたが、来年以降も開催予定で内容も年々少しずつ変更しているそうなので、また楽しみにしていてくださいね。

yu
yu

フリーライター。 子育てしながら楽しくお仕事しています。滋賀のいいところをたくさんご紹介していきます。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。