【6/28(木)】祝!初営業!「OFURO de Gohann」(おふろでごはん)さんに行ってきた@湖北暮らしの案内所「どんどん」【長浜】

【6/28(木)】祝!初営業!「OFURO de Gohann」(おふろでごはん)さんに行ってきた@湖北暮らしの案内所「どんどん」【長浜】

6/28(木)、初営業された「OFURO de Gohann」(おふろでごはん)さんのランチにお邪魔してきました。

(場所:湖北の暮らし案内所「どんどん」)

今日も安定のまったり感とマイナスイオンのどんどんさん。

米川の鳥さんたち

今日は新しい人来てやあるで~。

なにやら、かわいい看板が出てますよ~。

 

今回は初営業とのことなので、「本当にお邪魔してはいけない」と、ピークタイムを少しずらしていきましたが・・・。

予約の時間にお伺いしても、店内はお客様で溢れていて、私はやっと座れるくらい?!活気にあふれていました。

たくさんのお客様への対応に忙しそうな今回の主催者さん。

 

鴨みーる

あの、予約した・・・

横田さん

鴨みーる様ですね?

鴨みーる

そうです!

 

名前を言う前に察してくださり、「あ〜、待ってくれていたんだな〜。」と、ホッとすると同時に、ちょっとうれしくなりました。

まるで、お家にただいま、って帰ってきたみたい。

 

OFUROとは

お風呂にする?ご飯にする?

いっそのこと OFURO de GOHANNにしませんか?

そんな空間を創り出そうとタッグを組んだのはこちらのお二方。 

横田泰司(よこたたいし)(左)さんと、辻日出紀(つじひでき)(右)さん。

横田泰司さん(米原出身)は、飲食関係の専門学校で基礎から学ばれ、その後はホテルに5年以上お勤めされていました。転職後カフェで10年の経験を積まれます。

 

辻 日出紀さん(彦根出身)は、大学を卒業後、営業職として就職されましたが、何か手に職をつけたいと考え全く別の飲食の世界へ。主に洋食を学び、そこから約10年経験を積まれています。

お二人は同じ飲食店勤務の同僚さん。(別の支店でお勤めだそうです)

 

 

横田さんと辻さん共通の好きな事。

それは料理温泉巡り

「僕たちの料理で、温泉に入ってホッコリするような気持になってもらえたら。。。」ということで店名を「OFURO」に決められたそうですよ。

 

そんな現役料理人のお二人が創り出す「カフェゴハン」。

湖北で育った二人が新たな挑戦として「どんどん」さんにてランチ営業を開催することに。

鴨みーる

さあ、いよいよお楽しみのお料理ですよ~。

今回のランチは、鉄鍋のスキレットを使ったハンバーグランチ

 

今回は、一種類のメニューのみ。

menu

*スキレットハンバーグ

*自家製チーズのサラダ

*冷静とうもろこしスープ

*バケット

*1000円(税込)

 

手作りのカッテージチーズ。まろやかでさっぱりした味。

サラダのドレッシングは、ご実家(米原)の畑生まれのバジルを使った酸味のほどよく効いたソース。

味のコンビネーションは、決して珍しいものではありません。

ただ、甘さと酸っぱさの絶妙なバランスがそこにはありました。ボリューミーに盛られているにも関わらず、なぜかおかわりしたくなる味。

冷製とうもろこしスープ。濃厚でのどごしがよい。

 

奇をてらわず、しっかり一つ一つ丁寧に作られたお料理は、やっぱり不思議と・・・おかわりしたくなってしまう。

hatchi

あ、おかわり2回言いましたね。

前菜のサラダにのっていた、ザワークラウト。

あまりに私が美味しそうに食べていたのか、横田さんが特別にお代わりをのせてくれました。ありがとうございます。(笑)

hatchi

ほんまにおかわりするんかーい。( *´艸`)

ハンバーグは、横田さんのご実家で育てた米原産玉ねぎとインゲンを使用。

鴨みーる

インゲン・・・いつもスーパーで買っているものと明らかに味が違う。柔らかくて、しっかり「インゲン」してる感じ。変な苦味もない。

あ、なんか美味しいー。ふとした瞬間に、素材の良さが光ります。

味付けしっかりめのソースと、ジューシーな肉汁をのせていただくハンバーグは満足感あり!

また、ハンバーグだけでなく、今後もスキレットを使った料理で幅を広げていきたいー。そう語る横田さん。

シメのスイーツは「ガトーショコラ」をチョイス。

ちょうどよい柔らかさと甘さが口の中に広がります。

ガトーショコラは数々食べてきましたが、ほっとするガトーショコラは初めて。

横田さん

生クリーム立てるの、ちょっと失敗しました。苦笑。

鴨みーる

いやいや、全く気にならないくらい美味しいです〜☆

丁寧に接客される横田さん。親切でとっても話しやすいお人柄に癒されます。

お客様と談笑する姿も。

 

 

自分たちが好きなものを、美味しく出す。

お二人の創り出す味にも、お人柄にも、押し付けがましいところはありません。

あるのは、「自分たちが好きなものを、美味しく出す。」というシンプルな想いのみ。

米原で畑をされている横田さんのご実家の協力を得ながら、美味しい地元のお米や野菜をこれからも提供していけたら、と語ります。

横田さん

無農薬、とまではなかなかむずかしいですが、低農薬のものを新鮮なうちにお客様に一番美味しい形で提供できたら。

とあくまで自然体で「自分たちのできることから少しずつ」といった雰囲気が感じられました。

営業後、お店に食べに来ていたご友人たちと撮影会。

とっても仲良しな感じが伝わってきて「ほっこり」しました。

鴨みーる

帰ってからじんわり、「何か今日、いい日だったな。」と感じたんですよね。

hatchi

お二人のコンセプトである「ほっこり」感をしっかり味わうことができたひと時だったんじゃない?まさにお風呂上がり♪

鴨みーる

うまい!

ゆくゆくは自分のお店を持ちたい

どんどんさんで定期的に営業の予定。(曜日などの詳細は未定だそう。最新情報はfacebookページにて要チェック!)

横田さん

マルシェ出店などにもチャレンジしていきたい。そして、ゆくゆくは自分のお店を持ちたいと思っています。

 

今回のどんどんさんでの営業は、そんな夢への第一歩。

どんどんさんは、このようなレンタルキッチンや、レンタルスペース、またワーキングスペースまで、さまざまな形でいろんなチャレンジを応援してくれる場所でもあります。

くわしくはこちら

横田さん辻さんのように、営業を試してみたいな、といった方も随時募集中とのこと。

撮影会パート2。(笑)仲良きことは、美しきかな。

 

気になる方は、ぜひ、HPなどをチェックしてみてください。

どんどんスタッフみかみちゃん

お気軽にお問合せください。待ってまーす。

 

今回営業のステージを提供した「湖北のくらし案内所 どんどん」さんの7月のスケジュールはこちら

 

鴨みーる
鴨みーる

神戸市出身、長浜市在住の主婦webライター。 好物は、海外ドラマ、お笑い、音楽。 わんぱく真っ盛りの息子と、旬の情報を追いかけ回す傍ら、英語翻訳業にも奮闘中!

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 炭火焼肉田尻
  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン