まちの材木店で開催。「火のある暮らし祭り」に行ってきた

まちの材木店で開催。「火のある暮らし祭り」に行ってきた

10月28日(土)、湖南市にある山本材木店で開催された「火のある暮らし祭り」に行ってきました!この日は小雨(時々本降り)でしたが決行との事で会場へGO!

材木店、という広い敷地はイベントにはうってつけ。
ハンドメイドの小物などのテントが並んでいます。

ゆみ

「ちょっと懐かしい、でもあたらしい。”火”と”木”のある暮らしを知り、楽しもう!」がコンセプトの、このお祭り、今回で3回目の開催なんだって

 

 

 

薪ストーブ、ペレットストーブの展示・販売ブース。小雨で少し肌寒かったので、暖かかったぁ~♪デザインもオシャレ!

 

「薪ストーブ、気になるけれど、なかなかお店ではアレコレ聞きにくいな~」と思っていた私ですが、イベントだと気軽に見学・質問できるのが嬉しいポイント。

 

ゆみ

ストーブの上で沸かしたお湯でコーヒーを淹れていただきました。なるほど、お湯も沸かせるのね~!

ストーブ展示の横では薪割り体験が。斧の持ち方や、薪割りのコツなども教えてもらい、私も挑戦しました。

斧と共に、腰を落とすようにすると割りやすいんだって!知らなかった!体験してみて実感できました。

 

「火のある暮らし祭り」では、このように体験する・食べる・買う・見る】という”五感で楽しむ4つの企画”を展開。おとなも子供も楽しめる企画が盛りだくさんでした。

 

火おこし体験も大人気。簡単そうで、難しい・・・根気も必要です。

 

煙が出てきました!ここまで出来れば、あと少しで火がおこります。
腕力と時間を費やしやっと火が点くと、嬉しさと同時に、ライターなどでスグに着火できる現代の便利さを実感。

 

 

 

【体験】

 

リース作りや、彦根市上岡部町で栽培されている「かみおかべひょうたん」の販売やワークショップもありました。

 

 

小さなひょうたんに色を塗ったり絵付けをして、オリジナルひょうたんを作ろう。

 

 

 

こちらは「組手什(くでじゅう)」体験コーナー。

山林で伐採された甲賀市産のスギやヒノキから出た端材に「組手」を加工したもの。縦横に組むことで、椅子や本棚、家具などアイデア次第で色んな物が作れるスグレモノ!

 

 

【食べる】
スィーツやパン、たいやきなども出店。

 

【買う】
薪ストーブの前に敷く絨毯「ギャッベ」も販売。
オシャレな空間を演出すると共に、ストーブの飛び火から床を守る重要なアイテム。

 

手作りの小物。ついつい欲しくなるかわいさ。

 

 

 

 

【観る】
バイクでの一枚板渡り。
板から落ちることなく渡り切った時には拍手が起こりました。

 

ありそうで無かった「材木店でのお祭り」。
生活に欠かせない「木」や「火」にふれ、親しみ、その有難さや大切さを知ることができ、とても楽しい時間でした♪

 

それにしても、薪ストーブ、よかったなぁ・・・・・✨

 

ゆみ
ゆみ

好奇心が原動力!常に根拠もなくワクワク。脇道・廃隧道・ダム・工場を見ると特にワクワク(笑)!

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。