滋賀の地酒を味わえる、「旭日蔵開き」へ行ってきました!【遅くなってすみません】

滋賀の地酒を味わえる、「旭日蔵開き」へ行ってきました!【遅くなってすみません】

去る5月3日(水祝)に、東近江市の[藤居本家]で開催された、「旭日蔵開き」へ行ってきました!

入場時におちょこを購入(500円)すれば、好きなだけ試飲ができちゃうんです。

さらに、酒蔵見学や酒粕の詰め放題、利き酒大会なんかもあって、盛りだくさん!

 

コレ、わたしが行かなきゃ誰が行くの!?ってイベントだと思いません?

 

てな訳で、早速行ってきました!

実は最初に駅で撮影するのをすっかり忘れて、ほろよいで送迎車をパシャリ

 

 

 

JR稲枝駅から送迎車で約7分…。

 

開催場所の[藤居本家]に到着!

 

みてください、この人だかり! まだ朝だというのにたくさんの人が訪れていました。

 

さっそく、「酒蔵見学」へ。

 

 

脈々と培われてきた酒づくりの歴史を感じる重厚な蔵内。

 

社長自らが案内してくれる「酒蔵見学」は、一見の価値ありですよ! ますます、お酒を味わって飲もうという気になります(笑)

 

 

酒蔵から戻ってきて、今度は「きき酒」に挑戦です。※この辺は、夢中になりすぎてあまり撮影できてません…。

 

準備するのは、解答用紙と受付でもらったおちょこ。

 

まず、中央のテーブルに並べられた「1~5」までのお酒たちをスポイトでちょこっと吸い込んで、おちょこにin。味を覚えて、次のお酒へ……と進んでいき、「5」まで終了したら、今度は「イ~ホ」までのお酒たちを少しずつ試飲します。

 

解答用紙の「1~5」の欄に、該当するカタカナを書いて、回収BOXへ。

正解発表は後程……。さて、結果はどうでしょう~?

 

 

 

 

きき酒をやっている隣では、カラフルな法被を着た参加者たち(当日参加)による「鏡開き」が!

 

せーの!

 

ガコン!

 

と、無事に樽蓋がまっぷたつです。 もちろん、このお酒も試飲OK!

 

 

店内奥には、試飲用のお酒がずらり。

その様子をぜひ写真を撮ろうと思ったのですが、あまりの人だかりに断念致しました……。ごめんなさい。

 

みんな、お酒好きねぇ~

 

お酒以外にも、串カツやおばんざい、お寿司やスイーツなど、フードメニューも充実していて、お酒が飲めない人でも大丈夫! わたしも子どもと一緒に行きましたが、 充分楽しめました。

串カツ&コロッケ。一瞬でなくなるほど人気でしたよ

 

その場で巻いてくれる出し巻きは、おだしのがじゅわ~でお酒にもぴったりです。

 

マフィンなどのスイーツや、コーヒー、ジュースなどもありますよ。

 

 

いちごあめも! 縁日みたいですよね。

 

2階も開放されていて、ライブや太鼓演奏、ワークショップなどが開催されていました。もちろん、ここでも試飲OK!

おちょこで何杯も好きなお酒を飲めるなんて、試飲というよりむしろ飲み放題イベントですね!すばらしい!

 

 

さらに、盛り上がっていたのが「酒粕詰め放題」。

 

[藤居本家]のおいしい酒粕を、これでもか!と詰め込みます。冷凍できるので、たくさん詰めて持ち帰りますよ~

戦利品。もはや何の塊かわからない。

 

 

 

 

さて、気になる「きき酒」の結果は……!?

 

残念!

 

2人とも大はずれでした!(涙)

 

くそぅ!来年リベンジ!(来年も参加するつもりのようです)

 

お酒好きな人も、飲めない人も、大人も子供も楽しめる「旭日蔵開き」。

滋賀の地酒が楽しめるだけでなく、気に入ったお酒の販売もあるし、おいしい食べ物もある、さらに笑顔で対応してくれる[藤居本家]やお店の方々との出会いにいっそうの価値があるイベントでした。

 

また来年も行こう~っと♪

とってもいい笑顔でしょ。

 

来年も、[藤居本家]の「旭日蔵開き」をお楽しみに!

でも、飲酒運転は、ダメ絶対!ですよ!

 

第7回 旭日蔵開き

日時 2017年5月3、4日

10:00~17:00

会場 藤居本家
料金 500円(おちょこ代)
問い合わせ先 藤居本家

TEL : 0749-42-2080

リンク http://www.fujiihonke.jp/
備考

 

編集部 hatchi
編集部 hatchi

チェキポン編集部。大津市在住。コーヒーとビールと活字があればとりあえず生きていけます。今はもっぱら自転車にハマってます。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。