笑顔咲く!「ゆめ咲くマルシェ2017」へ行ってきた

笑顔咲く!「ゆめ咲くマルシェ2017」へ行ってきた

高島市働く女性の家で年に1回開催される「ゆめ咲くマルシェ」に、行ってきました。

高島には個人で起業している人がたくさん!

自宅だったり店舗を持たず起業している人も多くいるので、このようなイベントは起業している人たちだけでなくお客さんにとっても、貴重な出会いの場となっています。

朝降っていた雨は上がり、オープンの10時には次々と人が集まってきました。

お店は飲食だけでなく、アクセサリーやサロン、コンサルティングに工房など様々です。

「赤い羽根うどん」(200円)は地元、谷仙さんの赤い羽根型のこんにゃく入りうどんで、募金につながる知る人ぞ知る名物メニュー。
もちろん、お子さまにも人気です!

ほかにも屋外のグルメスペースでは、身体に優しいパンや大判焼、とんちゃん焼きそばなど地元の味が並びます。

ワークス&雑貨スペースでは、かわいい布小物やひと際目目を引く「サンクスマイル」さんのバルーンアートも。

更に奥には美味しそうなジャムが!

「tomo’n」さんは季節のジャムと焼菓子のお店で、昨年末にオープンしたばかりとか。

店舗販売をしていないこともあり、オープンを知りませんでした。
知らなかったステキなお店を見つけられた喜びで、テンションが上がります。

美味しそうな香りに誘われて、奥の調理実習室へ。

 

身体に優しい米粉を使った、地元の旬野菜カレーの販売と、カレールーつくりのワークショップを受付けていました。

月に1回開催している「ナチュラルキッチン講座」のチラシをいただき、ヘルシーメニューに興味津々。

隣の「食と養生のサロン つむぎ」さんも気になります。

高島の素材をまるごとつかった薬膳は飲みやすく、好評とのことです。
自然豊かな高島の素材をつかった地産のものが食べられるのも、「ゆめ咲くマルシェ」の大きな魅力のひとつです。

ここでは、毎週第3木曜日に木なりの家(高島市新旭町旭809-6)で開催される「てづくり雑貨屋」さんが、まるごと出店。

布小物や子供服、パンなどの販売で、普段相談室とは思えないほど賑やかです。
ほかにも、和室ではヨガや体操のワークショップでしっかり運動もできます。

2階のヒーリングスペースでは、占いや性格診断、整体などが幅広くあり、女性だけでなく男性の姿もみられました。

石や羊毛、パールなど自然素材をつかったアクセサリー制作販売の[KAORUANDG]さん。制作している人に会って、素材についての話しを聞きながら、実際に手にとってみることができるのも、対面販売のマルシェならではの楽しみです。

このイベントは毎年行われていて、お客さん同士だけでなく出店者さん同士の出会いも楽しんでいるようでした。

商品やサービスを通じて、地元の人を応援したいと思える、笑顔の咲いたマルシェでした。

 

ゆめ咲くマルシェ2017

日時 2017年3月19日

10:00~15:00

会場 高島市働く女性の家「ゆめパレット高島」

高島市今津町今津1640

 

料金 基本無料
問い合わせ先 0740-22-5775

(9:00~20:00受付/火~土)

リンク
備考

たなかかなこ
たなかかなこ

高島市在住。自宅でスクラップブッキングのワークショップをしながら、高島の情報発信に奮闘☆

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。