【5/19日 20月】APART DEPART 53TSUGI vol.13(草津 福井アパート)を訪ねて

【5/19日 20月】APART DEPART 53TSUGI vol.13(草津 福井アパート)を訪ねて

APART DEPART 53TSUGI vol.13に行ってきました!

看板屋 ごろ吉

APART DEPART 53TSUGI を直訳すれば
アパート(草津市矢倉にある福井アパートで)
デパートのようないいもの販売する
近くにある草津宿は東海道53次の52番目なんですよ・・・
というところでしょうか

南草津駅から徒歩7分。
国道沿いを北へ向かって歩くと、こんな分かれ道。

左に進むと、電信柱には⤵︎

やってきました東海道!
イエーイ👍

ここから進むこと1分。
左手に平成を通り越した昭和な建物発見↓
どうやらここが「福井アパート」のようですね。

APART DEPART 53TSUGIの主催者は
203号室の『Laugh』さんと103号室の『自然食品の店プーリー』さん。

裏手にある階段を上がり、
まずは203号室をのぞきに行ってきました!

看板屋 ごろ吉

わぉ!
とっても自然で自由な感じ。
行ったことありませんが、南おフランスの風が!

こちら左から『Laugh』のHOKAZONOさんとFUKUDAさん↓。

作るのが好きなHOKAZONOさんとお洋服が好きなFUKUDAさんが
お互いのお子さんがまだ小さい時に出会って、
子育ての空き時間を使って、お店を始められたそうです。

看板屋 ごろ吉

『Laugh』という名前には
毎日かわいい好きな服を着て、笑って幸せに暮らそう
という意味が込められているそうです。
お二人からも、大人の可愛らしさと楽しい雰囲気がほんわりと伝わってきました〜

店内のリフォームはご自身でされたそうです。
本当に可愛くて、遊べる大人の余裕を感じるお洋服ばかりでした。

こちらのズボンのカラフルなボーダー柄は「さおり織り」の布を使用されているそうです。
※さおり織りについてはこちら

下のお部屋では『Laugh』さん企画の「ワンピース祭り」が。
新作目当てのお客さんが沢山いらっしゃいます。

さて、次は103号室。『自然食品の店プーリー』さん。
イベント期間は店内の自然食品10%オフ!
お買い得です〜

店主の吉岡さんは米粉のインストラクター。

看板屋 ごろ吉

体にやさしい、との文句に弱い私は自然食品大好き。
あ、こんなのある!あんなのも!と色々目移りしていくのですが
吉岡さんは一つ一つ丁寧にコメントしてくださいました。


さて、このAPART DEPART 53TSUGI では毎回テーマがあるのですが
今回は「あなたの好きをみつけよう」

私にも見つかるでしょうか?
Let’s Try!!

 

おっと、美味しそうなシフォンケーキ。
こちらは湖西からお越しのmachako.さん。
安土産の「さくらたまご」と国産小麦をご使用。
子供からお年寄りまで楽しめる柔らかいシフォンケーキ。
昔で言うところのカステラ的な役割⁉︎
お店の名前は、抹茶好きとご自身のお名前を混ぜて考えたとのこと。

 

あら、天然酵母!!
こちらは自宅でパン教室をされている天然酵母おうちパン教室 OHANAさん。
天然酵母は発酵がゆっくりなので、素材の味が熟成されて、
シンプルだけど深みのあるお味になるとか・・・

 

こちら、
週末はいつもどこかのマルシェに出店しておられるといっても
過言ではない『プラスエフ』さん。
今日も美味しそうな焼き菓子がたくさん並んでいました。
うちのこども達はここのお菓子大好きなので、お土産に決定〜🎵

 

こちら手芸と日用雑貨の『teto』さん↓
手作りのアクセサリーと、

    雑貨の販売。

子供の年齢が同じだったこともあって、
こどもあるある話をしてしまいました。

 

 

こちら大阪よりお越しの『QUI-CO』さん↓
店主さんは『laugh』のFUKUDAさんのおかあさんとお友達。
滋賀にはこういうイベントあって元気だわぁとおっしゃっていました。
店名は初恋の人に呼ばれていたご自分のニックネームだとか。
あ〜ロマンチコ❤️
このカバンには携帯電話と長財布が縦に入るところがポイントだとか。

 

看板屋 ごろ吉

お、こりゃなんだ⁇サラダかい?


看板屋 ごろ吉

ルゥ?👳?

看板屋 ごろ吉

あ!わかった!この雰囲気はカレーですな

こちら、cafe&gallery spoons produced by BRAH=artさん。
瀬田でデイサービスしておられたのですが
誰でも来れる場所をつくりたいという思いから
唐橋で野菜メインのカフェと画廊を併設したお店を出されたとか。
「障害があろうとなかろうと、好きなことを仕事にして、精一杯生きる」暮らしを
実現させようと日々がんばっておられます。

看板屋 ごろ吉

お洋服にご注目くださいまし!↓
エプロンやお洋服はmade in 『Laugh』さんです。
ちなみに、『Laugh』さんのところでご紹介した
ズボンに使われていたさおり織りはこちらで作られたものだそうです。

今日販売されているこちらのカレーは、
下に黒米+ルゥ+温生野菜
ルゥには一切水を加えていないとのことです。
濃厚極まりなし!


看板屋 ごろ吉

お!野菜!


こちらオーガニック野菜を中心に販売されている『ベジサラ舎』さん。
京都在住、お店も京都にありますが、滋賀県の野菜にすっかり魅せられて、
直接買い付けして、個人レストランに配達したり
今回のようにマルシェに参加しているとのこと。
オーガニックだから・・・というのではなく、
「おいしいからもっと食べたい」と言われたいとのこと。男前です。

素材が良けりゃ、何してもうまい!との店主さんのお言葉により
今日の夕飯はこちらに決定↓

焼くだけ甘長と焼くだけそら豆!
・・・と生のトマト!
素材に頼れるってしあわせ❤️

看板屋 ごろ吉

お、水分チェック!
油分は多いけど、水分は自信ないなぁ😅

ご近所のホームエステサロン「saquina草津スペース」さん

腕の水分量が驚異の10%台だったので、ハンドマッサージ受けました〜
まず、ピーリングで垢落としから始まるのですが、
自分の腕が気の毒すぎて正視できませんでした〜
ごめんよー、私の腕。

 

こちら甲賀市からお越しの『patisserie Shaza(パティスリー シャザ)』さん。
ご自宅で焼き菓子を販売されています。
こういうお店がご近所にあったら、とてもうれしいです。

こちら「atelier ichi○ichi」さん。

 

こちら「MIKIE」さん
アクセサリーと・・・
見ているだけで元気になる観葉植物
そしてまるっと笑顔の店主さん↓

 

実は今日はとても風のつよい日でした。🍃
昼からテントが飛びそうな時が多々あったため
出店者さん同士力を合わせて、素早くテント撤収。
みなさん、仲良しなんですね〜

2日間にわたって開催するこちらのイベント。
明日(5/20)月曜日ははこどもさんを幼稚園や小学校に送り込んだ
若いお母さんが多く来られるとか。
良い天気に恵まれますこと、お祈りしております🙏

 

「ときわ荘(東京にある木造アパート。
手塚治虫、藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫ら著名な漫画家が住んでいたことから
漫画の聖地と呼ばれています)
を思わせる、味わいある「福井アパート」
雰囲気と時の流れは昔のままに
中は大人の個性と自由溢れる空間になっていました。

春と秋に開催される「APART DEPART 53TSUGI」
次は
個性的な作家さんからどんなものが出てくるのか。
とても楽しみです〜

 

 


【5/19日 20月】APART DEPART 53TSUGI vol.13(草津 福井アパート)

日時 2019年5月19日(日)20日(月)
11時から16時
会場 草津市矢倉2丁目5−37
問い合わせ先 077-599-5580
リンク https://laughclothes.jimdo.com
看板屋 ごろ吉
看板屋 ごろ吉

大阪から流れて滋賀県大津市に。 晴れた日、近江大橋を自転車で渡っていると、 空も琵琶湖も青く「青いっぱいやなぁ」と幸せに包まれてます。 自転車、インドカレー、芋、栗、なんきん、柿大好きです。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン