【10/6・7】湖国三大祭りの1つ『大津祭』開催!

【10/6・7】湖国三大祭りの1つ『大津祭』開催!

京都の祇園祭を色濃く継いでいる大津祭が、2018年10月6日(土)、7日(日)に開催されます。

天孫(てんそん)神社の例祭であるこのお祭りは、なんと県の無形民俗文化財に認定されており、

湖国三大祭りのひとつでもあります。

大津祭のはじまり

江戸時代の初めごろ、塩屋の治兵衛さんがタヌキのお面をつけて踊ったら、
人が大勢集まって、賑やかになったのが始まりとされているのだそう。

大津祭りの見どころは、
なんといっても本家祇園祭りと祇園祭の物に引けを取らないくらい美しい『曳山(ひきやま)』や、
大津祭り独特の厄除け『「ちまき」撒き』。

曳山(ひきやま)

全13基の曳山が特徴。ひとまわり小ぶりだけど、すべての曳山に「からくり」が仕込まれ、見事に飾られた様は圧巻。 このからくりや、後方に張られる美しい装飾の「見返り幕」も特徴のひとつ。

ちまき撒き

本祭で巡行する曳山の上からは、無病息災を祈念する厄除けとして、「ちまき」や手ぬぐいが撒かれます。
毎年繰り広げられる取り合いも、このお祭りの名物。包み紙は各曳山で違うものなので、いくつか集めるのも楽しみのひとつ。
見るだけではなく、参加できるのもこのお祭りの特長。
ただし、このちまきは、玄関などに飾って、1年間の厄除けにする物ですので、食べられませんのでご注意を。

そんな魅力あふれる見どころたっぷりのこのお祭りは、

地元住民のみならず多くの観光客が訪れます。

大津町人の、心意気が息づく活気ある『大津祭り』、ぜひ足を運んで見て。

 

大津祭

日時 宵宮2018年10月6日(土)夕暮れ頃~21:00   本祭2018年10月7日(日)本祭 9:00~17:00
会場 天孫神社 大津中央大通り周辺(520-0044 滋賀県大津市京町3丁目3−3)
料金 無料(有料観覧席あり)
問い合わせ先 NPO法人大津祭曳山連盟
リンク http://www.otsu-matsuri.jp/home/
アクセス JR大津駅下車 徒歩5分 京阪電車浜大津駅下車 徒歩5分 名神大津ICから車で約10分

 


コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 炭火焼肉田尻
  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン