【8/23・24】江戸時代から続く「つくりもの」を見に行こうin醒井地蔵まつり

【8/23・24】江戸時代から続く「つくりもの」を見に行こうin醒井地蔵まつり

毎年多くの人でにぎわう醒井の地蔵まつりは、

ご本尊そのものがお地蔵さんであることなど、歴史を探ると、

色々なエピソードや時代背景が見え隠れするまつり。 

 醒井地蔵まつりの1番の見所は、住民手づくりの「つくりもの」。

一説によると、江戸時代、醒井では地蔵盆に曳山を巡行していたそうですが、

曳山の代わりとして、「変装行列」や「つくりもの」が作られるようになり、

その年々に流行しているものなど、時代を映すような「つくりもの」が、

今も地域の伝統として、伝えられているのだとか。

また、まつりは、ご詠歌や盆踊り、万灯流しでにぎわいます。

↓過去のつくりもの↓

 

昼間の地蔵川の「梅花藻」もお出迎え。

足を止めてのんびりお散歩してもいいかも。

 

醒井地蔵まつり

日時 2018年8月23日(木)、24日(金)18:00~
会場 中山道醒井宿
電話番号 0749-58-2227
主催 米原観光協会
リンク http://kitabiwako.jp/
備考 中山道醒井一帯は18:00~22:00の間車両通行止め

 

 


コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 炭火焼肉田尻
  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン