オープンした「ハッピー太郎」さんに行ってきた【彦根】

オープンした「ハッピー太郎」さんに行ってきた【彦根】

 

10月2日にオープンした、「ハッピー太郎」さんに早速おじゃましてきました。

 

 

駐車場も分かりやすく、こんなかわいらしい看板が出ていましたよ。

 

 

お店を覗くと…

「あまざけふるまい冷えてます」の看板が目に飛び込んできました。

こないださせていただいた試飲で、すっかりこちらのあまざけに虜になった私。

 

 

鴨みーる

こんにちは!おじゃましまーす。

 

店主の池島さんが早速注いでくださいました。

鴨みーる

待ってました~(*´▽`*)

なんとこちら、レモン味。

アロマのように、香りが引き立ち、見事にあまざけに調和。

鴨みーる

また、ペースト状にしてあるので、あまざけ特有の”つぶつぶ感”が無く、口当たりがとってもなめらか。

”甘酒苦手”派の私でも、スムーズにいただけた理由かもしれません。

 

お店の様子

 

 

お店の中は、こんな感じ。落ち着いた和の空間の奥には、オーディオとたくさんの音楽たちが並びます。

池島さん

音楽が好きで。趣味でトランペットも吹いてます。

鴨みーる

すごい。本格的だなあー。

 

お店のお品たち

 

まずは、糀(こうじ)の量り売り、がこのような感じです↓↓↓

 

お味噌、甘酒、塩糀、醤油糀に・・・と、発酵食品を手作りされる方に。

実際、糀を量るところを見せていただきました。

 

 

龍安寺の石庭のように、凛と待機していた糀。

そこから、すーっとすくって紙袋に入れてくださいました。

 

 

量った後は、また、埃がつかないよう、丁寧に蓋がされました。

 

鴨みーる

頂いた糀ですが、どうやって使えばよいのでしょうか?なにせ、(取り扱いが)初めてで・・・。汗

 

池島さん

そうだね。まず、いったん醤油糀作ってみたら?糀を瓶に入れて、醤油をひたひたに入れるだけだよ。

 

鴨みーる

え?それだけでいいんですか?

 

池島さん

うん。ほんと、それだけ。たまに、混ぜて、(出来上がりは)常温で置いて、一か月後くらいかな。

 

鴨みーる

おお!それで、出来上がったものはどうやっていただけば?

 

池島さん

何にでも使えるよ。例えば、まず、豆腐にかけて食べてみて。あとは、卵かけごはんにかける醤油?みたいに使うのも美味しいよ。どんなものか、食べてみる?

 

鴨みーる

はい!いただきます!

 

いろいろと出してくださいました。

鴨みーる

お忙しい中、本当にありがとうございます。

 

 

これが、醤油糀。

 

鴨みーる

わ、美味しい。コクがあって、深みがある。そして、なんだろう・・・「出汁」感があります。卵かけごはんに合うのも分かります。

 

池島さん

そうそうそう。

もちろん、お出汁は入っておらず、糀とお醤油のみで作られています。

とってもシンプル。

 

トマト麹も試食させていただきました。

こちらも食べやすく、和にも洋にみ、何にでも合いそうな癖の無いお味でした。

トマト・糀・塩のみで出来ているんだそうです。

チーズやサラダにトッピングして食べることもでき、幅広い調理で楽しめます。

 

 

あとは、シャーベット状にしたもの(こちらは商品ではありませんが)や、

 

鴨みーる

これ、スイーツのように美味しかったなあ。いつか商品になることを期待。

 

「ピーマンのなめ味噌」もいただきました。

わわ、めっちゃピーマン!お酒にも合いそうなニクいお味。

鴨みーる

糀って、万能食材だなあ。色んな方向に広がって、楽しみ方も幅広い。それで美味しくて体にいいなんて・・・。日本人に生まれてよかったわー。

 

そうなんです。糀は、日本を含む、東南アジア、東アジア特有の発酵文化なんだそうですよ。ヨーロッパにはありません。(鴨みーる調べ)

 

 

それでも、自分で作るのは、敷居が高いなあ~と感じられる方もご安心を。

そんな糀を使用して作られた商品もちゃんとあります↓↓↓

 

 

オリジナル商品一覧

COME PRIMA(コメプリーマ) -糀Solo-・・・白米糀のペースト。           600円(税抜き/180g)

COME PRIMA(コメプリーマ)-糀Duo-・・・玄米糀と白米糀のペースト。 600円(税抜き/180g)

※使用例…そのままヨーグルトにかけたり(1日小さじ一杯分を目安に)、倍の水で薄めれば甘酒に。また、豆乳や牛乳、りんごジュース、トマトジュースなどで割っても美味しいそうです。

塩糀・・・自家製糀(自然農法米)と長崎自然塩を使用した塩糀。                500円(150g)      他

※肉などを揉み込んで焼くと、あら不思議。子供も大好き。柔らかく美味しいおかずに。

※いずれも税抜価格。

 

鴨みーる

たとえば、塩糀。ネットでレシピを検索すると、たっくさん出てきます。いろんなお料理を作って楽しめそう!

 

 

また、店主の池島さん選りすぐりの「こだわりのお取り寄せ」商品が並びます。

こちらも、購入可能です。

一品一品に、丁寧な説明が添えられてありますので、じっくり読みながら見るのも楽しいですよ。

 

 

取材中も、お客さまが来ます来ます。

お一人お一人に、とても丁寧かつ気さくに対応される池島さんのお人柄にみなさん安心して、お話に聴き入っていらっしゃる様子でした。

 

また、「彦根ってちょっと遠いな。」という方にも朗報。

 

 

10月22日(日)、
※台風のため、11月12日(日)に変更しました!

京都の「糺の森(ただすのもり)ワンダーマーケット」にも出店されるそうですよ!

鴨みーる

下鴨神社の古本市で有名なところですね!

京都なら行けるかも!

という方は、この機会にぜひ足を運んで、ハッピー太郎さんのお品で、発酵ライフを始めてみてはいかが?

 

鴨みーる
鴨みーる

神戸市出身、長浜市在住のフリーライター。 好物は、お酒とお笑いと音楽。 わんぱく真っ盛りの息子と、旬の情報を追いかけ回す日々でゴザイマス。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。