• 日野町

小雨のなか開催!歓声あふれる「モルック大会CHEKiPON杯」をレポート【日野町】

sports-outdoor

小雨のなか開催!歓声あふれる「モルック大会CHEKiPON杯」をレポート【日野町】

去る4月27日(日)。滋賀農業公園ブルーメの丘にて開催された「モルック大会CHEKiPON杯」。

当日は小雨のなか、計27チーム、総勢54名が参加。

県内外で活動している経験者や、地域や学校の行事などをきっかけにモルックを知ったというビギナーさんも参加してくれました。

●モルックのおさらい

モルックは、フィンランドの「キイッカ」という伝統的なゲームが発祥。シンプルながら奥深いニュースポーツ。ここ数年で日本でも知名度を上げています。

今回の大会は、1チーム2名で構成されたペア大会。1コート3チーム、9コートを使用しておこなわれました。

カーン! パカーン!と小気味いいブレイクショットの音を響かせて、試合がスタート。

モルックを始めたばかりという初心者(大会未経験者)でも、歴戦の猛者でも。

技術の差はあれど、みんなが楽しめるのがモルックのいいトコロ!

スコアブックとにらめっこしながら戦略を考えたり、笑顔で健闘を称えあったり。互いに声を掛け合い、和気あいあいとしつつも、ゲーム中は真剣そのもの。

芝生のコート、しかも小雨…という条件下のもと、予測できなかった事態がおきたり、逆に奇跡的なショットが生まれたり。参加チームのみなさんが一喜一憂しながらモルックを楽しむ様子が印象的でした。

第1回モルック大会CHEKiPON杯 入賞チーム紹介★

記念すべき第1回大会の、栄えある入賞者は…こちら!

●優勝:チーム「小力」

ゲーム中、一投ごとに話し合いを重ねていた「小力」さん。戦略的な投てきで、見事優勝を勝ち取りました!

●準優勝:BABY GANG

ダイナミックかつ繊細なモルックさばき! テクニックが光っていました

●3位:チームたのしこ

仲間と一緒に楽しむ“遊びに本気”のモルッカ―。これぞモルックの神髄。

今回の大会、上位3チームには、滋賀のイイモノを景品として進呈しました。

今大会の協賛企業さんから、景品として素敵なものをいただきましたよ!

近江牛・和牛専門 寛閑観(かんかんかん)…近江牛サーロインステーキ(160g×3枚)

るシオールファーム…滋賀のブランド米「みずかがみ」を10kg

近江佃煮庵 遠久邑(おくむら)…湖魚の佃煮詰め合わせ

…を、それぞれ進呈。参加賞として、ブルーメの丘オリジナルクッキーを進呈しました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

“平和なスポーツ”といわれるモルック。

初対面でも、ゲームを通じて対戦相手と親しくなれたり、親子やご年配夫婦が一緒にプレイしたり。そんな仲睦まじい姿が見られたのもとってもうれしかったです。

ご参加いただいたみなさん、関係者のみなさん、会場のブルーメの丘さん、本当にありがとうございました!

同時開催のモルック体験会も

試合会場の隣では、「モルック体験会」も実施。

経験者も、まったく初めてという方も来て下さり、簡単な試合形式でモルックの楽しさを体感していただきました。

小雨の降るなか、お越しくださったみなさん、ありがとうございました!

これからも、チェキポンはモルックの発展と普及に尽力していきたいと思います。

次の大会予定は7月!
詳細は随時お伝えしていきますので、お楽しみに★

おまけ

モルック大会の合間に、CHEKiPON MC(チェキポンモルッククラブ)も練習…。

チェキポンはこれからも、滋賀県のモルックの発展と普及に尽力していきます!みなさんも、一緒にモルックの楽しさにハマってみませんか?

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

hatchi

チェキポン編集部。大津市在住。コーヒーとビールと活字があればとりあえず生きていけます。今はもっぱら自転車にハマってます。

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊
  • 読者モデル大募集
  • 正社員・アルバイト募集 一緒にチェキポンをつくりませんか?

MAGAZINE

CHEKiPON
2024年6月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言 宮川印刷株式会社