2023.03-21(火)

  • 米原市

英国紅茶と焼き菓子の専門店「TEA PASTRIES(ティーペイストリーズ)」の優雅なオープニングセレモニー【ローザンベリー多和田】

pickuppost

英国紅茶と焼き菓子の専門店「TEA PASTRIES(ティーペイストリーズ)」の優雅なオープニングセレモニー【ローザンベリー多和田】

基本情報を開く

TEA PASTRIES(ローザンベリー多和田) ティーペイストリーズ

所在地
米原市多和田605-10 Googleマップ
電話番号
0749-54-2323
営業時間
10:00〜17:00(最終受付16:30)
定休日
火曜日
料金
入園料/大1,500円・小900円・3歳以下無料
ホームページ
TEA PASTRIES
SNS
instagram

基本情報を閉じる

美しいイングリッシュガーデンやひつじのショーンファームガーデンをメインに、BBQやクラフト体験などカップルでも家族でも楽しめる複合型施設「ローザンベリー多和田」。

この春の注目は、新たにお目見えした英国紅茶と焼き菓子の専門店「ティーペイストリーズ」です。そのオープニングセレモニーが3月21日に開催されました。

イギリスで200年以上続くティーハウス 「Farrer’s(ファーラーズ)」の正規代理店契約は、日本で初めてのことなんです。

紅茶愛好家のなかで親しまれるファーラーズの紅茶は、東京や大阪の催事ではいつも大人気。英国では珍しい軟水のための紅茶だから、日本の水で美味しくいただくことができますよ。

フィドルとハープの競演。春風をまとう優雅な音色にうっとり

さて当日ですが、展示やイベントなどで会場となる「ローザンベリー・マナー」をバックに、オープン記念演奏会が開かれました。

「ローザンベリー・マナー」は、日本で一人と言われるイギリス建築の建築家が手がけ、2020年6月に完成したマナーハウスです。素敵♡

演奏していたのは「glas(グラス)」というデュオ。向かって左の小松さんがフィドル、大橋さんがアイリッシュハープを奏でます。

「Spring Concert」と題した演奏会では、アイリッシュの曲やブリティッシュの曲が、自然いっぱいの園内にそよ風のように響き渡りました。

こだわり抜いた紅茶とスイーツで本場の味と雰囲気を堪能

オープニングセレモニーには、ローザンベリー多和田代表の大澤さん、ファーラーズのレベッカさん、滋賀県副知事江島さん、米原市長平尾さんなどが参加されていました。

大澤さんは「ローザンベリーが提供するお茶の楽しみ方を、知っていただけたら嬉しいです」とのお言葉。

はるばるイギリスからこの日のために来日した、ティーハウスFarrer’s(ファーラーズ)のレベッカさんは「日本でファーラーズの紅茶を楽しんでいただけたら嬉しい。未来に向けて新しいアイデアを実現していきたい」とコメントされていました。

また、シェフの堀さんも登場。今後はオープンした「ティーペイストリーズ」のセントラルキッチンで、園内すべての焼き菓子を作っていくそうです。とっても楽しみですね。

ファーラーズの紅茶にぴったりなお菓子を考案する堀さんは「ティータイムという文化は、日本にはまだまだ足りない(根づいていない)ところがあります。英国湖水地方では、ティータイムにふさわしい紅茶とお菓子で、2時間でも3時間でもゆったりと時間を過ごします。そのティータイムを再現できたらいいなと思います」と話しておられました。

紅茶やお菓子といった「モノ」だけではなく、ティータイムという「カルチャー」をプロデュースしているんですね。

セレモニーの最後には、参加者全員にティーソーダを振舞ってくれました。チアーズ♡

炭酸のシュワシュワ感が先にきて、後から紅茶の深い香りが追いかけてくる、すっきりとした味わいでした。ありがとうございましたー。

セレモニーのあとには、ローザンベリー・マナーにて「ティーパーティ」。自慢の紅茶とよくあうスイーツも美味

もちろんレベッカさんも参加♡

いただいたのはティーペイストリーズ(=ファーラーズ)の紅茶。「レイクランドスペシャル」と「ジュビリーブレンド」です。レイクランドスペシャルはストレートで。ジュビリーブレンドはミルクティーとして楽しめました。

軟水で入れる紅茶だからなのか、まろやかで優しく、とても飲みやすです(わたしが日本人だから合うだけかもしれません。笑)

軽食のほか、スコーンやマカロンなど紅茶によく合うお菓子もいただきましたよ。幸せです。

お菓子はティーペイストリーズで購入することができます。

素材にこだわる堀さんが考案した「ジンジャーブレッド」や、スコーンのために作ったというジャムもおすすめなんだとか。

ジャムの原料には優しい甘さのてんさい糖を。いちぢくやイチゴは滋賀県産のものを使用しています。

英国紅茶やお菓子…そして、優雅なティータイムを楽しみに、ぜひローザンベリー多和田「TEA PASTRIES」に足を運んでみてください。


今なら、ひつじの赤ちゃんにも会える(おまけ)

ローザンベリー多和田では、セレモニーの数日前、日本に数頭しかいない「ヴァレーブラックノーズシープ」の赤ちゃんが誕生していたんです。

…ということで、特別にお顔を見に行ってきました。

編集部が訪れた時には(生まれたときから一緒にいる飼育員さんに)ミルクを飲ませてもらっていました。

人間の赤ちゃんと同じで飲んだ後はゲップするそうです。生まれて間もない頃は、飼育員さんの膝枕で寝たりしていたとか…カワイイですね。

紅茶はもちろんですが、赤ちゃんひつじにのお顔も見に行って見てくださいね。

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

FUJICO

CHEKiPON編集部&ライター。西の湖の畔に住み、珈琲と日本酒を愛する仕事人間です。これといった趣味はないものの、ミーハーなので広く浅くなんでも知りたがり。滋賀の魅力が少しでも多くの人に届くように…と無責任に祈っています。

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊
  • 読者モデル大募集
  • 正社員・アルバイト募集 一緒にチェキポンをつくりませんか?

MAGAZINE

CHEKiPON
2024年6月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言 宮川印刷株式会社