2022.12-16(金)

  • 東近江市

最新のいちご農園「ぐっど・べりー」が誕生。手間ひまかけた旬のイチゴを存分に頬張る贅沢なひととき【東近江】

gourmet

最新のいちご農園「ぐっど・べりー」が誕生。手間ひまかけた旬のイチゴを存分に頬張る贅沢なひととき【東近江】

基本情報を開く

ぐっど・べりー

所在地
東近江市横山町1083 Googleマップ
電話番号
0748-26-7529
営業時間
9:30~16:00
定休日
不定休
駐車場
あり
料金
3/1~4/9:中学生以上2,500円、4/10~5/31:中学生以上2,300円
ホームページ
ぐっど・べりー公式

基本情報を閉じる

蒲生ICからすぐの場所に、いちご農園がオープンとの情報をききつけたワタクシ。

2023年1月にいちご狩りがスタートしたばかりという、いちご農園「ぐっど・べりー」に行って、いろいろ聞いてきましたよ。

入った瞬間に、イチゴの甘い香りが漂います。思い切り息を吸い込めば、しあわせな気持ちに。

最新施設で育てた真っ赤なイチゴ。摘みたてのフレッシュさがたまらない

ぐっど・べりーさんでは、約3,000坪の広大な敷地にある、3連棟のハウスと最新の設備でイチゴを育てています。太陽の光をいっぱいに浴びた約10,000株のイチゴは大きくて甘さが濃いんだそう。

運営母体は、東近江市でこだわりの米作りをおこなう「ぐっど・はーべすと」。そのため、園内では自慢のお米や新鮮な野菜なども販売しています。

ぐっど・はーべすとについてはこちらから

http://www.good-harvest.or.jp/

園内では、手間ひまかけて育てたフレッシュなイチゴが販売されています。大粒のイチゴは、真っ赤で美味しそう!

▲パック詰めされたイチゴは、「ご家庭にぴったりパック」800円や、「お手軽なパック」350円などを取りそろえています

スタッフさんが厳選した「いちごグッズ」もありますよ。普段づかいにもできそうなカワイイ小物たち。いちご狩りの思い出にひとつどうでしょう。

▲いちごモチーフのキュートな雑貨や小物たち。So cute…

こだわりイチゴを食べ放題で。45分間のしあわせ時間を満喫して

「あきひめ」「紅ほっぺ」「かおり野」「ほしうらら」の4種類を、45分間食べ放題で楽しめる「いちご狩り」も人気です。

園内にはテーブル&イスもあるので、ちょっと疲れたときの休憩やイチゴの撮影スポットとしても利用して。

練乳やチョコソース、キャラメルソース、あんこなどイチゴにトッピングできるソースはなんと10種類! いろんな味でこだわりのイチゴを楽しめます。

もちろん、そのままでもOK。甘くて大粒のイチゴを思う存分味わってくださいね。

SNS撮影にぴったりな小物もありますよ
▲イチゴのぼうしやサングラスなど、かわいい小物でSNS映えを狙おう

気に入ったイチゴを1粒おみやげに。オープン記念のとっておき

2023年のシーズン中は、オープン記念としていちご狩りのおみやげに、イチゴを1粒持ち帰りOK。

4種のうち、いちばん気に入った1つをぜひ。専用ケースに入れてくれるので、特別な気分になれちゃいますよ。

食べ比べるのもよし、すきなイチゴを重点的に食べるもよし。こだわりイチゴを思い思いに楽しめる贅沢時間を過ごしてくださいね。

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

hatchi

チェキポン編集部。大津市在住。コーヒーとビールと活字があればとりあえず生きていけます。今はもっぱら自転車にハマってます。

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊
  • 読者モデル大募集
  • 正社員・アルバイト募集 一緒にチェキポンをつくりませんか?

MAGAZINE

CHEKiPON
2024年4月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言 宮川印刷株式会社