• 彦根市

【新店】イタリアを思わせる珈琲店「Caffe Bianco」でモーニング【彦根】

report

【新店】イタリアを思わせる珈琲店「Caffe Bianco」でモーニング【彦根】

エスプレッソを愛する店主が気ままに営むカフェバーは、6月にオープンしてすぐから憩いの場として人気を博しています。
抜群の居心地の良さは、気さくな店主の人柄によるもの。

ゆっくりと流れる時間に身を委ねながら、思い思いの時間を過ごすことができます。

写真映え間違いなしのオシャレな店内。エスプレッソマシンも本格的

わたしが足を運んだのは12月。
モーニングを楽しませていただこうと、河瀬駅に降り立ちました。
東口を出てすぐ、徒歩1分ほどの位置にあるガラス張りのエントランス。重い扉を開けるとコーヒーの香りに包まれました。

落ち着いた雰囲気の店内には、女性客がチラホラ腰掛けていましたよ。

メニューを見てみると…

モーニングにランチ、バールと時間によって違った楽しみ方ができるそう。

味わうべきはエスプレッソ・カフェラテ・カプチーノから好みの一杯。
某有名珈琲店出身のオーナーが、親しみやすいオリジナルのコーヒーで楽しませてくれます。

 

わたしはモーニングメニューから「BAGEI8744のベーグルセット(大山白バラバターとメープルシロップ付き)をオーダーしました(ベーグルが大好きなんです)。

そしてセットのドリンクにはカフェラテを選んで…800yenです。

酸味も苦味も抑えられたバランスの良いコーヒーは、まろやかで飲みやすいのが特長。毎日飲みたくなる香りと味わいなんです。

 

横浜の人気店「BAGEI8744」のベーグルが味わえるのは、滋賀ではおそらくココだけ。とオーナー。

天然酵母の生地はもっちりと弾力があり、口どけのよいバターと好相性。
外はパリッとしていて、噛むほどに小麦の旨みも感じられます。

 

落ち着いた空間でありながら、店内に所狭しと並べられた雑貨の数々が肩肘張らない気さくな雰囲気を醸し出しています。

 

こだわりの雑貨や食品などもずらりと並ぶ

 

オリジナルのコーヒー豆や…

 

本場イタリアから輸入した食品や雑貨。

「ヴィクリラ」のワイングラスや、信楽焼のカップなど…

ここでしか買えない雑貨や食品もたくさんあり、まるでイタリアの商店のようでした。

 

 

密かな注目メニュー「生ハム」にも期待が広がります

知る人ぞ知る(特に同業者さん)手動の生ハムスライサー「ベルケル」を導入しています。
同ブランドは真っ赤な色合いが定番カラーなのですが、この店では店名の「Bianco=白」を表す、白を特注しています。

手動のため、生ハムの脂を溶かさずにスライスでき、しっかりとした旨みと香りを感じられます。ワインと一緒にぜひ楽しんでみてください。

自慢の生ハムはテイクアウトもOKで、自分へのご褒美や手土産としてオーダーする人も多いそう。

 


疲れたときは、美味しい珈琲と穏やかな時間に癒やされて。

 


店名 Caffe Bianco(カッフェ ビアンコ)
TEL 090-7535-3929
住所 彦根市南川瀬町1520-2 蓮沼ビル1F
営業時間 8:00〜19:00、日曜9:00〜17:00
定休日 土曜休、金曜不定休
駐車場 Pなし(※要問合せ)
Instagram caffebiancodal2020

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

FUJICO

CHEKiPON編集部&ライター。西の湖の畔に住み、珈琲と日本酒を愛する仕事人間です。これといった趣味はないものの、ミーハーなので広く浅くなんでも知りたがり。滋賀の魅力が少しでも多くの人に届くように…と無責任に祈っています。

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊

MAGAZINE

CHEKiPON
2022年12月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言