• 大津市

[Cafe Restaurant Inti(インティ)]でこだわりコーヒーとフードを(大津)

gourmet

[Cafe Restaurant Inti(インティ)]でこだわりコーヒーとフードを(大津)

7月3日、美しい自然に恵まれ、びわ湖を望む景観がすばらしい湖都大津の丘陵地にカフェがオープン。
自家焙煎による店主こだわりのコーヒーと、近江牛・近江米・近江野菜を使ったフードメニューが楽しめます。

「れきはく」の愛称で親しまれ、近江の歴史や文化に関する調査・展示を行ってきた、[大津市歴史博物館]。
[Cafe Restaurant Inti(インティ)]は、大津歴史博物館に隣接する大津市立市民文化会館の建物内1階にオープンしました。
歴史博物や市民文化会館を利用する方に、もちろん利用されない方もおすすめのカフェレストランです。

「近江牛」「近江米」「近江野菜」を使用したフードメニュー

[Cafe Restaurant Inti]は、滋賀県が推奨する「おいしが うれしが」キャンペーンの推進店。
フードメニューには近江牛・近江米・近江野菜など、滋賀県産の素材をふんだんに使用した地産地消メニューを提供してくれます。

近江牛 牛すじカレー (ミニサラダ・スープ付き) 880円

おすすめの「近江牛 牛すじカレー」は、コラーゲンたっぷり。
カレー皿は信楽の窯元「古谷製陶所」で作陶したそう。こだわりのカレーの味をさらに引き立ててくれます。

自分専用のカップで楽しむ スペシャリティコーヒー

自家焙煎機で淹れる、店主自慢のスペシャリティコーヒーもぜひ味わってみてください。
浅煎りがお好きな方はほどよい酸味と柑橘類のような風味がさわやかな「インティマイルド」、深入りを好む方はチョコレートのような濃厚な風味と苦味がある「インティストロング」をどうぞ。

信楽焼や美濃焼など、日本全国から集めた「Inti」のコーヒーカップ。

コーヒーチケット購入すると、その中からお好きなカップを専用の珈琲カップとしてキープすることができます。
お気に入りのコーヒーカップで楽しむ珈琲の味は格別ですよ。

滋賀のええもんを揃えたお土産コーナー

店内に入ってすぐ左手には、滋賀県の名品を集めたお土産コーナーがあります。
どんな料理にも合うと評判のお味噌「信楽名物 澤善のたぬきみそ」や「大津百福豆」など、おすすめの厳選商品が並んでいるので、見ているだけでも楽しそう。

遠くにびわ湖を望める景観の中で、ゆったりとコーヒーを楽しむ特別なひととき。
窓の外には桜の木が立ち並び、春になると美しい景色が広がります。
周辺には飲食ができるスポットがあまりないので、コーヒーやランチでゆったりできるこの場所はとてもありがたいですね。
大津歴史博物館や大津市立市民文化会館にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってほしいお店です。

取材執筆:くま
雑用諸々:hatchi


店名 Cafe Restaurant Inti(インティ)
TEL 077-599-4570
住所 大津市御陵町2-3 大津市歴史博物館・大津市立市民文化会館1F
営業時間 9:00~17:00
モーニングサービス 9:00~11:00
ランチ 11:00~14:00
アフタヌーンタイム 14:00~17:00
定休日 月曜日(祝日・振替休日の場合は営業し、翌日が休業)
祝日の翌日(土・日曜日の場合は営業)
お盆(8月11日~17日)
年末年始(12月27日~1月5日)
駐車場 あり

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

hatchi

チェキポン編集部。大津市在住。コーヒーとビールと活字があればとりあえず生きていけます。今はもっぱら自転車にハマってます。

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊
  • 読者モデル大募集
  • 正社員・アルバイト募集 一緒にチェキポンをつくりませんか?

MAGAZINE

CHEKiPON
2024年23月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言 宮川印刷株式会社