【長浜:木之本】こころとからだにまったり田舎じかん「丘峰喫茶店」【新店4/1オープン】

【長浜:木之本】こころとからだにまったり田舎じかん「丘峰喫茶店」【新店4/1オープン】

201741日にオープンし、巷で話題になっていた、
「丘峰喫茶店(きゅうほうきっさてん)」に行ってきました。 

鴨みーる

行きたかったんですよね~!わくわく

「丘峰喫茶店」とは、長浜は木之本、大音(おおと)にある、古民家をリフォームしたカフェ。「古民家をリフォーム」といっても、こちらはそんじょそこらの古民家ではありません。なんと、400450年前からある、立派な古民家を利用していらっしゃいます。

鴨みーる

450年?!といういうことは、戦国時代くらいからってことですよね??ワーオー。

 

13代続いたお家には「源佐」というお名前もついているそうですよ。

 

「約10年前、誰も住まなくなって、ボロ家になっていた源佐を偶然見かけた大工さんが、その梁の立派さに惚れ込み、地元の人の協力を得て、今の姿になりました。「みんなが集まれる場になるように」との思いが込められ、生まれかわった源佐。そんな素適な物語を引き継いで、「丘峰喫茶店」は始まりました。」(「丘峰喫茶店HP」より引用)

 

 

こちらがその梁。一本木だそうですよ。なんと立派な。

また、大音(おおと)は、歴史の舞台として有名な
賤ケ岳の麓に位置する、由緒ある町なんです。
そんな大音に佇む立派な建物で、素敵な時間を過ごしてきました。

アクセス

JR長浜駅から木之本方面へ、北に向かうこと車で約30分。

~鴨みーるのプチtraffic information~

鴨みーる

「大音」の交差点を右折する際は(南から向かった場合)、地図上に矢印で示したように、514号の道を進まれる方が簡単です。一本下の8号線を進むと、ちょうど「賤ヶ岳トンネル」の入り口ギリギリ手前の道で、トンネルからビュンビュン出てくる車たちを、我慢強く待ちながら右折のチャンスを伺うの、ちょっとドキドキしますので。(笑)

 

 

お店の外観はこんな感じです。

 

 

お店を経営されているのは、こちらのご夫婦。

ご主人の森下諒平(りょうへい)さん(滋賀県竜王出身)、
と奥様の昌史(まさみ)さん(埼玉県出身)。

 

とっても仲良しのお二人。
滋賀県内にてギター工房を営んでいたご主人の元に、元新聞記者の奥様が取材で訪れたのがきっかけで、出逢われたそうですよ。

 

鴨みーる

奥様、新聞記者さんだったんですね!

昌史さん

そうなんです。仕事は楽しかったんですが、全国転勤の仕事で、忙しく。それも楽しかったんですが、ある時体調を崩して・・・。「健康」について、考えるようになりまして。(自然と)「地に足のついた生活」を求め始めました。

 

結婚後は、「二人で住める場所」と「夫婦で出来るお仕事」を探し探す中、
現在の地にたどり着いたそうです。

 

鴨みーる

なるほど。そういった経緯があったんですね。

 

大音の景色を少し高いところから眺めることが出来る、最高のロケーション。

諒平さん

長浜には、高台からの景色が少ないからめずらしい、とお客様に喜んでもらえることがよくあるんです。

鴨みーる

たしかにそうかも!

景色もメイン料理の一品のうち?!心が洗われます。は~~。
癒しの風景に、思わずため息。

 


子供がいても安心して過ごせる「座敷」は、子育てパパ・ママにも喜ばれているとか。

 

また、店内には至るところに、ご主人のあつらえた家具がありました。
ギター職人であるご主人は、木工もお得意。オーディオ好きが高じて、
店内のスピーカーまで作られたそうですよ。

 

 

手作りのスピーカーで聴くjazzは、どこか懐かしい、ほっとする音でした。


ちなみに、こちら↑もご主人が作られたんだそうですよ。

こちらから見ると「下駄箱」。裏側から見ると「本棚」。技あり!

 

 

いつかはこちらも一面本棚にしたい、と話されていました。

鴨みーる

わ~。それ素敵なプラン!jazzと本でまったり長居・・・。
(じゅるり)

すみません、妄想してしまいました。
そうなる日が楽しみ。

 

早速、ランチを注文。「季節の和食御膳 1000円」。

本日のおしながき(週替わり)

●蒸し鶏と梅しそのソースがけ

  • ●たくあんの贅沢煮(クリームチーズのみそ漬けをトッピング)
    ・・・たくあんの甘酸っぱさってチーズに合う!(鴨みーる談)
  • ●小鮎の南蛮漬け
  • ●きゅうりとトマトの和ピクルス

素材の味がきちんと感じられる、家庭の味。
奇をてらわない味が、体いっぱいに、優しく染み渡ります。

メニューはこちらの御膳と、「季節のカレー(サラダ付き)900円」のみ。
その時採れた、季節の食べ物を味わってもらいたい、との想いから、
毎週その内容は変わります。 

素材は、

●地で採れた野菜
(畑もされています。また、地元農家さんが丹精込めて作られた野菜も使用。)
●琵琶湖の湖魚(地元の漁師さんから購入)
●海の幸(敦賀から来てくれる行商さんから購入)

などを使用。 贅沢~。

また、サイドメニューは以下の通り。

DRINK AND CAKE

  • ●ハンドドリップコーヒー(注文を受け、一杯ずつ挽いてドリップする)400円
    ※近江八幡の珈琲焙煎専門店「MJQ」さんの珈琲豆使用
  • ●水出しコーヒー                         400円
  • ●紅茶(ミルク、ストレート)                   400円

●薬膳茶(クコの実、ナツメ、菊花)                500円

  • ●自家製ジュース(梅しそ、ゆず、すもも、いちご)         400円
  •  →ホット、ソーダ、ミルク
  • ●本日のケーキ(手作り)                     300円
    ※ドリンクセットは100円引き
  • ●アイスクリーム(※余呉湖発、今話題の「ムーンアイス」使用)         300円

 

 

今回はゆずソーダとアイスクリーム(ココナッツ)をいただきました。

鴨みーる

豆乳のアイスクリームだそうですよ。お、おいしい・・・。
そして余呉湖発とな?これは取材にいかねばならない。乞うご期待!

アイス以外は、全て、料理好きの奥様が作られます。
「仕出し」もされているそうですよ。地元の方々も利用されているようです。

 

どこか懐かしい「新店」の喫茶店で、
こころにも、からだにもやさしい「田舎時間」を、
過ごしにきてみてはいかが?


店名 丘峰喫茶店(きゅうほうきっさてん)
TEL 080-2079-4692
住所 〒529-0431 滋賀県長浜市木之本町大音1017
営業時間 金曜 17時~21時、土日月曜 11時~18時(冬季17時)
定休日 火・水・木
駐車場
ホームページ https://www.kyuhokissaten.com/
鴨みーる
鴨みーる

神戸市出身、長浜市在住のフリーライター。 好物は、お酒とお笑いと音楽。 わんぱく真っ盛りの息子と、旬の情報を追いかけ回す日々でゴザイマス。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。