幻の果実アドベリーを食す!「アドベリー収穫祭」に行ってきました

幻の果実アドベリーを食す!「アドベリー収穫祭」に行ってきました

「アドベリー収穫祭2017」が、6月25日(日)[道の駅藤樹の里あどがわ]で開催。
曇り空でしたが、多くの人たちで賑わいました。

日本ではほとんど栽培されていない果実「アドベリー」の収穫を祝って毎年開催される同イベント。

 

高島市安曇川の特産品とするために命名されたアドベリーは、生果実の傷みが早く収穫時期が短いため、生果実を食べられる機会がほとんどないんです。

 

写真提供:アドベリー生産協議会

 

 

アドベリーを使ったスイーツは食べたことがあるのですが、生果実は市場にもほとんど出回らないことから“幻の果実”と呼ばれることも。

 

 
安曇川高校の生徒さんが、朝摘みアドベリー果実の試食販売をしていました。

 

 

早速、人生初のアドベリーを試食!!

 
さっぱりとした甘さと、ベリーの酸味が広がります。
生果実ならではのツブツブ食感は、小さい頃に食べた野いちごを思い起こさせました。

 

 

「みちくさ市場」で販売されているアドベリースイーツのお店も、商品販売。
パン&ケーキカフェの[Famille]さん。

 

製造しているお店の人から直接会うことのできる、貴重なイベントでもあります。
また、安曇川高校が企画したアドベリースイーツが、生徒さんと先生によって販売されていました。

 

高校生の企画を商品化したのは、老舗の[とも栄]さんだそうです。
これらの商品は、イベント限定ですが、[とも栄]さんでは、アドベリーのスイーツが常時店頭に並んでいます。

 

 

 

また、ステージでは、バンド演奏やハワイアンフラ、レシピコンテストなどのイベントも行われ「みちくさ市場」も、いつも以上に賑わっていました。

 

衣裳も華やかですね!

南国ムード満点です。

 

「みちくさ市場」も、多くの人で賑わっています。

 

 

 

高島市で活躍した中江藤樹氏をイメージしたよえもん君も、お祝いにかけつけました(笑)

 

 

 

 

収穫祭は1日だけで終わりましたが、道の駅では冷凍のアドベリーほか、様々なアドベリースイーツが販売されています。

 
お近くにお越しの際は、休憩を兼ねて是非、立ち寄ってみてくださいね!


道の駅藤樹の里あどがわ

TEL 0740-32-8460
住所 滋賀県高島市安曇川町青柳1162-1
営業時間 9:00-18:00(8月のみ9:00-19:00)
定休日 毎月第2水曜日及び元日(4月、8月は無休)
駐車場 あり
ホームページ http://adogawa.net/
たなかかなこ
たなかかなこ

高島市在住。自宅でスクラップブッキングのワークショップをしながら、高島の情報発信に奮闘☆

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。