「悪いことをすると、ガオがやって来るぞ~!」

「悪いことをすると、ガオがやって来るぞ~!」

2月5日(日)、東近江市八日市の「ガオがくるぞ!大作戦」の出陣式に行ってきました。

 

雪の残る野々宮神社。しんしんと冷える真冬の夕方5時にも関わらず、続々と小さな子どもさん連れが境内に集まってきました。


神社の拝殿では、お祓いをしているようです。子どもたちが雪遊びをしながら、お祓いが終わるのを今か今かと待っています。

 


ちょっと近づいて見てみましょう。お祓いを受けている方たち、なにやら変わった後ろ姿ではありませんか?
気になるので、前に回って見てみましょう・・・

 

ええっ?

 

…どの人も、みんな怖すぎです!
お祓いが終わって、怖ーいかぶり物の方たちが境内に降りてきました。

これこそが、東近江地域に、いにしえより代々伝えられてきた「ガオ」の使いたちです。

 

「悪いことをするとガオに食べられるぞ!」「夜更かししたらガオが来るぞ!」と、幼い頃、親や大人に言われた経験があると、この神社の神主さんも懐かしそうに話してくださいました。

 
あちこちで、ガオの使いを怖がるちびっこの泣き叫ぶ声が、境内に響き渡っている中…

えっ?こんな恐ろしい顔をしたガオの使いに、しっかりした口調で話しかけている男の子がいます。

 

「良い子にしているから、お札をください」…お札って何かしら?詳しくは後ほど…
ところで、このガオの使いの顔のアップがこれです。

言い伝えの「もののけ」を、いまどきにビジュアル化をして10年目。

段ボールや粘土で形作りし、彩色した、地元の方の完全なる手作りだそうです。このガオの使いたちは、このあと市内の16軒のお宅を目指し、「悪い子はいないか~!」と戒めの訪問に繰り出して行きました。
そのあとの時間を、この怖キャラ「東近江のガオさん」が請け負います。


「ガオの使いは怖いけど、ガオさんなら会ってみたい」「最近引っ越ししてきたので、一度ガオさんが見てみたかった」という親子さんが、ガオさんと記念撮影♪
子どもたちが手にしているお札を見せてもらいました。

災いからは守ってもらえるけれど、魂を食べられちゃうのは嫌だから、良い子でいようね♪
子どものしつけや情操教育を新しい形で伝承する「ほない会」さんの、なんとも微笑ましい行事でした。

まさぴょん
まさぴょん

「滋賀応援団」の団長を目指しています。滋賀のいいところをいっぱい発信したいので、みなさんのまちの情報も教えてくださいね。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。