【2/22新店】長浜西浅井でジビエ![COMEDY BURGER(コメディバーガー)]で鹿肉バーガーと地元米ライスバーガーを

【2/22新店】長浜西浅井でジビエ![COMEDY BURGER(コメディバーガー)]で鹿肉バーガーと地元米ライスバーガーを

琵琶湖の最北端・長浜市西浅井町にオープンしたのは、ジビエ肉を使ったハンバーガーが楽しめる[COMEDY BURGER]
西浅井の町を盛り上げる若者たちが、自分たちで獲ってきた鹿を捌いて作るハンバーガーです。
今回は店長の中田さんに聞いたハンバーガーへのこだわりと、地元への熱い思い、そして[COMEDY BURGER]の魅力に迫りますよ。

 

 

 

 

滋賀県最北の道の駅「あぢかまの里」

 

 

[COMEDY BURGER]は西浅井町の道の駅「あぢかまの里」の中にあります。
◆あぢかまの里 http://www.koti.jp/

「あぢかまの里」は滋賀県最北の道の駅。
西浅井周辺の地域のことを「奥琵琶湖」とも呼び、まさに琵琶湖の最北端に位置する場所です。

 

 

 

国道8号線を走っていると、可愛らしい看板が見えてきます。

 

 

「ごパン」、「ししコロ」とユニークな食べ物がたくさんありますね。
ちなみに「ししコロ」は「いのししコロッケ」のことです。

 

 

 

 

 

そんな「あぢかまの里」の一角に店舗を構えるのが、今回紹介する[COMEDY BURGER]です。
店長の中田さんは「自分たちで作った美味しいお米と、自分たちで獲った鹿肉が自慢のお店。」と語られます。

 

 

COMEDY BURGERのメニュー

 

 

 

COMEDY BURGERのメニューは4種類から選べます。
<ハンバーガー>
・近江牛バーガー
・鹿肉バーガー
<ライスバーガー>
・近江牛ライスバーガー
・鹿肉ライスバーガー

 

どれもおいしそうですね。
さっそく、注文してみましたよ〜

 

 

鹿肉バーガー

 

こちらが噂の鹿肉バーガーです!
鹿肉バーガーに使用されている鹿肉は、なんと自分たちで獲ってきているそう!
狩猟免許を取得した本物の狩人だからこそ提供できるハンバーガーなのですね。

 

害獣駆除も兼ねているそうで「捨てられてしまうものを料理にして提供している」とのこと。
作物を守りつつ、命を無駄にしない素敵な取り組みでもあったのですね。

店長の中田さんが「近江牛と同等くらいの価値がある」と語る鹿肉は、一匹を捌いてそのままミンチにされるとのこと。
通常なら食べられないような高級な部位も含まれているのだとか。
ハンバーガーのためだけに使われる、贅沢な鹿肉なんですね。

 

 

<鹿肉ってどんなお肉?>
中田さんには次のようにおっしゃいました。

「ジビエと聞くと抵抗があるかもしれませんが、実際は臭みがないよう処理を行なっています。
鹿肉はあっさりしていて食べやすいお肉。それを多くの人に知ってもらいたいたいです。」

実際にいただいてきましたが、あっさりとしたお肉に臭みは全くありません。
これって鹿なの?と思ってしまうくらい食べやすく、とても美味しいお肉でした。
また脂肪分が少なくヘルシーな鹿肉は、美肌効果もあり女性にもおすすめだそうですよ。

 

 

 

近江牛バーガー

 

「近江牛バーガー」には、彦根の近江牛専門店「千成亭」のお肉が使われています。
60年の歴史を持つ老舗のお肉を贅沢に使ったハンバーガー、おいしくないわけがありません!

トマトソースがベースのオリジナルソースと相性抜群です。
そしてハンバーガーのバンズには、「サラダパン」で有名な長浜市木之本「つるや」のパンを使用しています。
地元だけでなく、長浜や滋賀県への愛が詰まった一品ですね。
特に県外から来られるお客さんは、鹿肉バーガーと近江牛バーガーどちらにしようか悩まれるんだそう。
結局はどちらも食べていかれることも多いみたいですよ。

 

 

 

ライスバーガー

 

個人的なおすすめは、この「近江牛ライスバーガー」です。
焼肉風の味付けの近江牛と香ばしいお米が相性抜群!
白ごはんにもバッチリ合うであろう甘辛くて最高の味付けがライスの美味しさを引き立てます。
こちらのライスバーガーも自分たちで作ったお米を使用されているとのこと。

しかも、このお米はただの地元で作ったお米ではありません。
お米の美味しさを測る「食味数値」で90点以上の数値を誇るという、本当に美味しいお米なのだとか!

赤飯のような黒っぽいものは「古代米」です。
この古代米も自分たちで育てたお米なんだそうです。

 

 

こちら↑↑が古代米「オクムラサキ」
ポリフェノールたっぷりの古代米はこれまた美容に良いとのこと。
美味しくてヘルシーで、お腹も心も満足ですね!

 

 

[COMEDY BURGER]は、西浅井を盛り上げる若手団体「ONE SLASH」のメンバーで経営されています。

 

西浅井町出身のメンバー6人が集まって立ち上げたONE SLASH。
簡素化された地域のお祭りを復活させようと立ち上がったのが始まりだそうです。
ONE SLASHはこれまで、[COMEDY BURGER]以外にもたくさんの活動を行ってこられたそうです。

・「Rice is Comedy(米作りは喜劇だ)」を合言葉にした農業体験
・ジビエ料理が楽しめるイベント「西浅井ジビエ村」
・様々な場所に現れて自慢のお米を炊く「ゲリラ炊飯」
・地域農業を盛り上げる動画の配信(4万PV以上!)

このようなユニークな活動で地元を盛り上げておられます。

詳細はこちらの公式チャンネルやSNSからもチェックを!

 

 

 

最後に店長の中田さんの思いを聞いてみました。

<西浅井の好きなところは?>
「人やね」(即答でした!)
「ヤンチャをしていたら、近所の人が怒ってくれる。小さい頃から近所がみんな、家族みたいだった。それが好き。こうやって集まって活動しているのも、全部西浅井のメンバーだしね」

<COMEDY BURGERについて>
「若手で農業を盛り上げて発信することで、次世代の若者が興味を持ってくれたらいいな」
「ジビエは今でこそ表に出てきたけれど、なかなか食べられる機会は少ない。あっさりしていて食べやすい鹿肉の美味しさを知ってもらいたい」

と思いを語ってくれました。
中田さんのお話を聞いていると、地元への愛と熱い思いを感じて胸が震えました。

 

自分たちで作った美味しいお米と、自分たちで獲った鹿肉が自慢のお店[COMEDY BURGER]。
手軽にジビエを楽しみに、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

 

取材・執筆:はらはら
編集兼雑用:hatchi

 


店名 COMEDY BURGER(コメディバーガー)
TEL 080-5631-1366
住所 長浜市西浅井町塩津浜1765
営業時間 9:00〜16:00
定休日 ※現在、土日のみの営業
駐車場 あり(道の駅「あぢかまの里」駐車場)

 

 

 

編集部 hatchi
編集部 hatchi

チェキポン編集部。大津市在住。コーヒーとビールと活字があればとりあえず生きていけます。今はもっぱら自転車にハマってます。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン