【12/2㈰】お茶椀持参で行こう!「おくど飯」で味わう、信楽焼の羽釜で炊いた、信楽の新米。

【12/2㈰】お茶椀持参で行こう!「おくど飯」で味わう、信楽焼の羽釜で炊いた、信楽の新米。

昔の穴窯で使用されていたレンガのかまどで
信楽産の新米を
信楽焼の陶製羽釜で炊いて
器に盛って味わう。

『うつわで食べる、よろこびを』をテーマに、「おくど飯」が12/2(日)、信楽町長野のギャラリーFUJIKI横広場で開催されます。

「おくど飯」の「おくど」って・・・???

昔の穴窯で使用されていたレンガで作ったかまど=「おくどさん」を使って炊きます。

釜は、信楽焼の陶製羽釜。
信楽の自然の中で育った、新米が味わえます。

このイベントでは、お茶椀(器)を持参して下さいね♪
普段使っている物でも、信楽のまちなかで買ったものでも、なんでもOK!
持参した器に、ごはんを盛り、みんなで味わおう!お箸の持参も大歓迎とのことです。

持参する他に、
当日、会場で信楽焼作家さんの器の販売もあるので、購入する事ができます。
しかも、会場で器を購入すると参加費が無料に!(器を持参の方は¥200です。)

器に盛った新米のごはんを、みんなで味わって楽しもう!
ごはんにはお漬物が付きます。

会場となるギャラリーFUJIKI横広場。

「おくど飯」詳細情報は
土と手プロジェクト-おくど飯も参照して下さい。

12/2(日)は、会場からすぐ近くの新宮神社で「げなげな市」が開催されるので、こちらも併せて楽しんで!

(写真は土と手プロジェクトFacebookより引用)


土と手プロジェクト「おくど飯」

日時 2018年12月2日(日曜日)
11:00~14:00 (なくなり次第終了)
会場 ギャラリーFUJIKI横広場
(信楽町長野・商店街内 旧藤喜陶苑)

滋賀県甲賀市信楽町長野903−1
料金 A:会場でうつわを購入された方 ⇒無料
B:うつわを持参された方⇒ ¥200(税込)
※A、Bともにお漬物が付きます。

「茶汁」 どなたでも一杯¥100(税込)
備考 ・うつわ(飯椀)のご持参をお願いいたします。(お箸の持参も大歓迎です。)
・当日、イベント会場でも、信楽焼の窯元さんや陶芸作家さんのうつわを一部販売。
・イベント会場には駐車場がございません。近隣の公共駐車場をご利用下さい。
ゆみ
ゆみ

好奇心が原動力!常に根拠もなくワクワク。廃道・未成道・廃隧道が好き。時間があれば探検に出かけています。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 炭火焼肉田尻
  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン