【4/27】中国発のシェアサイクル『ofo(オフォ)』が大津エリアでサービス開始!

【4/27】中国発のシェアサイクル『ofo(オフォ)』が大津エリアでサービス開始!

昨年から日本の各地でスマートフォンで管理運用するレンタルサイクル(貸し自転車)の導入が始まりました。
中国・台湾の企業が先行しているこのシステムが、日本にも上陸しました。

世界最大級のシェアサイクル「ofo」を日本で3番めに導入

アンテナの高い大津市はこの度、中国企業の『ofo』と包括連携提携を結び
この春から大津駅・浜大津駅など大津エリアの主要駅と三井寺・近江神宮など観光地を
レンタル自転車で気軽に回遊することを実現しました。

詳細は下記の記事などご参照下さい。

どうやって使うのか?

さて、難しい話は以上として肝心なのはどうやって使うのか?という所

まず、このQRを読み込んでスマートフォンアプリをダウンロード

アプリの辛辣なコメント欄が気になりますが、星は悪くないので勇気を出してインストールします。

登録には、メールアドレスとSMSの受信できる電話番号が必要です。

GPSの連動を許可したからでしょうか?いきなりこんなお知らせが来ました。

クーポンが見えないようにモザイクを掛けておきます。

やってみると分かるのですがこのクーポン、一体どこに入力するんだよ!
と、言いたくなるほど、何処に入れるか迷います。
実際は、上記の◯で囲んだ部分をクリックしてステップを踏みます。

友達を招待のページから「招待コードを受け取りましたか?」をクリックすると

このページに飛ぶので、例のコードを入れます。
大津市のキャンペーンは、5月いっぱいなのでそれ以降の時は例えば
「YbGnFW」
とか、入れてみたら多少のクーポンが貰えるかと思います。

じゃ~ん

さあ、乗ってみよう

まず、アプリのMAPにて、最寄りの駐輪ポイントを探します。

今回の駐輪ポイントは、オーミーの裏手。

アプリを立ち上げ、自転車の後輪カバーに付いてるQRコードを読み込むと鍵がカシャッと開きます。

こ〜んな感じで何処なりと行けます。

料金設定はこんな感じ

都度利用 100円/30分
※1回の利用につき30分100円から始まり、以降30分毎に100円加算

1日パス 定額500円
パス購入から翌日の24時まで何度でも利用可能

月額パス 定額2500円
パス購入日とその翌日から30日間、何度でも利用が可能

サイクルポイントは下のMAPを参考にして!

サイクルポイント66箇所の具体的なリストは存在しません。

一番わかり易い情報は、こちらのMAPになりますので、早速ofoを持った方は近所にあるか探してみて下さい。

やんぎ〜
やんぎ〜

チェキポンポスト立ち上げメンバーであり過去の人。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 炭火焼肉田尻
  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン