幻想的な灯りにいざなわれ。霊山清浄久遠の金勝寺のあかり

幻想的な灯りにいざなわれ。霊山清浄久遠の金勝寺のあかり

栗東市の金勝山の山頂近くに位置する金勝寺(こんしょうじ)で「あかりの演出2016~霊山清浄 久遠のあかり~」が開催されました。これは金勝寺秋の特別拝観として、11月1213日の2日間、ライトアップや音楽演奏などが行われ、訪れた人々の目を楽しませてくれました。

1

 

仁王門を通り、二月堂、本堂へと続く灯り。本堂には国の重要文化財の木造釈迦如来坐像が。

2

境内には500もの行灯が並べられ、辺りを幻想的に照らします。凛とした空気を感じながら虚空蔵堂へと、灯りの道を進みました。

3

虚空蔵堂に安置されている木造虚空蔵菩薩半跏像は「十三詣りの仏」として信仰されています。

紅葉のライトアップ。

4

昼間とは、また違った表情が楽しめます。カメラを構える人も多く見られました。和太鼓の演奏が始まると、力強い音が静かな山の中に響き渡りました。

特産物・お土産のブースでは、ご当地キャラクターのくりちゃんグッズや、地元のお米で作られたおかきなども販売。

5

こちらの写真は、魔除けと幸運を呼ぶと言われる「蹄鉄」を用いた金勝寺特製の蹄鉄絵馬で、絵馬の裏には御朱印入り。金勝寺でしか入手できないので、参拝記念に是非!

 

11/23(水・祝日)までは日没後、ライトアップのみ実施(拝観料500円)。
詳しくは栗東市観光物産協会のHPをチェックしてみて!

ゆみ
ゆみ

好奇心が原動力!常に根拠もなくワクワク。脇道・トンネル・ダム・工場を見ると特にワクワク(笑)!

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。