【1/6】風流な「かるた祭り」や「かるた開きの儀」を

【1/6】風流な「かるた祭り」や「かるた開きの儀」を

「かるたの殿堂」とも称される近江神宮で行われる「かるた開きの儀」。

読師が神前で天智天皇御製の歌、「秋の田の~」を朗誦し、采女装束の取り姫たちがかるたを取る様子を楽しめる。

当時の王朝の雅な世界観を堪能できるほか、祭典後と翌週の13日に競技かるたの全国大会も開催。

神前で読まれる歌

秋の田の 仮庵(かりほ)の庵(いほ)の 
                    苫(とま)をあらみ 
    わが衣手(ころもで)は 露にぬれつつ

天智天皇(1番) 『後撰集』秋中・302

現代語訳

秋の田圃のほとりにある仮小屋の、屋根を葺いた苫の編み目が

粗いので、私の衣の袖は露に濡れていくばかりだ。

 

 

かるた祭り・かるた開きの儀

日時 2019年1月6日(日)9時~
会場 近江神宮神座殿(滋賀県大津市神宮町1-1)
料金 参列・観覧自由
問い合わせ先 077-522-3725(近江神宮)
リンク http://oumijingu.org/
備考

 

 

 


わかちゃん
わかちゃん

チェキポン編集部。守山市在住。ビール大好きな2児のママ。毎晩、発泡酒で「プハー」というと、4才と3才の娘もファンタで「プハー」とやるのが日課。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 炭火焼肉田尻
  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン
  • チェキポン