【11/3土】「樹冠トレイル」OPEN森とびわ湖を上から眺められる新シンボル【琵琶湖博物館】

【11/3土】「樹冠トレイル」OPEN森とびわ湖を上から眺められる新シンボル【琵琶湖博物館】

明日2018年11月3日(土)、琵琶湖博物館の屋外に、

森を上から眺めて歩く新シンボル「樹冠トレイル」がオープン!

琵琶湖博物館「樹冠トレイル」

『樹冠トレイル』は、全長140mの空中遊歩道で、びわ湖を渡る風を感じながら屋外の森を上から観察できる博物館の新たなシンボル。

この『樹冠トレイル』は、びわ湖の水鳥やトンボなどの昆虫、木々を間近で観察できる環境学習の場として、3日にオープンする。

 

普段、地上から見上げる樹木を、上から眺めながら歩いて枝にとまる鳥などの動物を観察できるのは面白そうですね。

歩く先に雄大なびわ湖も眺められるなんて、開放感があります^^

 

オープン当日は、オープニングセレモニー(9:40〜)やガイドツアー、滋賀県立石部高等学校吹奏楽部によるコンサートが行われます。

樹冠トレイルツアーは当日受付の先着順になります。

 

11/3「樹冠トレイル」オープニングセレモニー

●樹冠トレイルツアー(①13:00~ ②13:30~ ③15:30~)
 学芸員等が樹冠トレイルの魅力を話してくれる。当日受付、先着順。
 この他に樹冠トレイルに設置してあるアートプロジェクトについて成安造形大学学生等が案内する解説ツアーも実施

葉っぱスタンプを押そう!(当日受付)
●アトリウムコンサート(①11:00~ ②14:00~)

 

琵琶湖博物館は、びわ湖の美しい自然や湖に生息する動物の生態系を学べる場として、面白い展示方法が人気です。

 

博物館リニューアルオープンに登場した、バイカルアザラシを見学できるようになりました。

つぶらな瞳がキュートな「バイカルアザラシ」。現在2頭のバイカルアザラシが来館者をお出迎え。

 

 

ほかにも、かつて琵琶湖に住んでいたという「コウガゾウ」の模型や化石、頭上に魚が泳ぐ姿が見れる「水槽トンネル」も見応えあります。

 

かつてびわ湖に生息していたという「コウガゾウ」の模型

 

トンネル水槽

 

個人的には、ヨシ原の四季を再現したコーナーや鮒寿司のニオイ体験が面白いですよ。

この機会に、琵琶湖博物館に遊びにきてはいかがでしょうか。

 

琵琶湖博物館「樹冠トレイル」ツアー

日時 2018年11月3日(土)①13:00~ ②13:30~ ③15:30~
会場 琵琶湖博物館
観覧料 一般750円、高校生・大学生400円、小学生・中学生 無料
問い合わせ先 077-522-3830(大津駅観光案内所)
リンク https://www.biwahaku.jp/2018/10/113.html
備考 当日受付、先着順


コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 炭火焼肉田尻
  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。
  • チェキポン