【長浜】湖北のおみやげを作ろう!「コホクキッズマルシェ」

【長浜】湖北のおみやげを作ろう!「コホクキッズマルシェ」

923日(土)、えきまちテラス長浜で催された、

「コホクキッズマルシェ」に行ってきました。

こちらのマルシェ、いつもとちょっと違うマルシェ。

何が違うって??

 

 

 

 

それは、長浜市・米原市両市、有志の「中学生(計28人)」が考案した

“湖北のおみやげ”が売っているんです。

 

 

場所は、JR長浜駅を降りてすぐ!

 

 

 

ペデストリアンデッキからまっすぐ行ける、
とっても便利な場所に、催事スペースがあります。

 

 

 

 

地元の人々や、土日の観光客でにぎわってますにぎわってます。

 

 

早速目に入ったのは、「黒壁」さんと地元中学生がコラボした「手作りはし置き」。

 

 

コンセプトやデザイン、ネーミング等、考案するのは中学生。

それを基に、今回協力店舗となった和菓子店や洋菓子店、酒蔵等の
企業やお店が実際に商品化していきます。

 

 

びわ湖って、やっぱり地元の人々には特別な存在なんですね。

商品のコンセプトから「びわ湖愛」が伝わってきます。

 

 

 

「どっちがいいですか~?」と、一生懸命、商品を勧めていました。

 

 

 

こちらは、「常喜家(じょうきや)」さんとのコラボ。

「まいばらがいっパイ」(というパイでした)

慣れない手つきだけど、丁寧に商品の受け渡しをしていました。

そんな男の子の姿に、思わず顔もほころぶ「お客さま」。

 

 

 

 

おおっと。

ご紹介遅れました。

こちらが今回主催の「一般社団法人長浜青年会議所」の
当イベント代表である、「荻下 拓士(おぎした ひろと)」さん。

地域社会の仕組みを企業で学んでもらおうと企画されたそうです。
それによる地域活性化もねらいの一つ。

鴨みーる

いつごろから準備されていたんですか?

荻下さん

(企画から含めると)昨年の10月ごろからです。

鴨みーる

い、一年も準備に費やされていたと?!

企画、対企業・店舗とのセッション、中学生と共同ワークなどなど。

さまざまな作業を要したそうですよ。

鴨みーる

(青年会議所のみなさんは、本業のお仕事がそれぞれある中での取り組みだもんなあ。それは一年かかりますわ。)

 

 

ほとんどの商品が試食できましたよ。

 

 

これは、私たち中学生がデザインしたんですよ~と、
パッケージを見せてくれました。

鴨みーる

かわいいなあ!しかも絵心ある~♪

 

 

 

こちらは、チェキポンポストでもオープンされたときに取材にお伺いした、

スイーツ&カフェ ドラジェさんとのコラボ。

 

 

 

長浜曳山の車輪をイメージしたチョコタルト

クルミと金箔が贅沢にトッピングされていましたよ。

 

 

こちらは、長浜ゆかりの武将「石田三成」の幼少期のエピソードと言われている、

「三献の茶(さんこんのちゃ)」をイメージした抹茶タルト

どちらも生チョコのように柔らかいチョコと、サクサクのタルトが

口の中で見事に調和してました。

 

 

 

 

こちらのグループは、「ローザンベリー多和田」さんのはちみつのデザインを考案。

 

 

 

3つの味それぞれに、キャラクターもついています。かわいい!

そして、説明表示には英語・韓国語・中国語の三か国語対応が。

鴨みーる

観光地の長浜にぴったりの心遣いですよね。
う~ん、インターナショナル~。

 

 

二つの味のパッケージをつなげれば、鳥の絵が完成します。

鴨みーる

セットで欲しくなりました。

も、もしや・・・購買意欲を刺激するための工夫?!や、やるな。。。中学生!

 

 

てか、みんな絵、上手いよね。

 

 

 

 

こちらは、「佐藤酒造」さんとのコラボレーションで、
「梅酒ゼリー(ノンアルコール)」。

梅ジュースを使うではなく、梅酒を使っての”ノンアルコール”。

鴨みーる

どうやってアルコールを抜いたんですか??

(下に続く)

 

 

 

「ちょっとそれはわからないです。お店に作ってもらったので。」
と、はにかむ中学生。

鴨みーる

ハイ!かわいいので許す!(笑)そして買おうではないか。

わ、わ。これは、美味しい。
梅酒の味がしっかりするのに(=アルコールの風味)、ノンアル。

ゼリーというより、ジュレに近い食感ではまります。

鴨みーる

説明はかわいかったけど、本格的な味に脱帽。

し、失礼しました~~。

 

 

 

接客が初めてで、終始緊張している様子のこちらの男の子。

自分たちもこうだったんだろうなあ~と新鮮な気持ちになりました。

カメラをむけるとニコっとしてくれました。(笑)

 

 

 

かとおもいきや、

接客やったことある??というくらい、元気に試食を勧める子たちも。

商品の個性だけでなく、中学生の色んな個性にも出逢えて、

それだけでなんだか楽しくなりました。

 

 

 

近江鶏を使用した、こちらの肉みそ。

 

 

滋賀のおいしさがたっぷり詰まった、自慢の味。

 

 

キャラクター考案のこちらの女の子。

鴨みーる

やっぱ、上手だよね。最近の中学生はどうしてこんなにみんなキャラ慣れしてるの?

と、驚いた鴨みーるでした。

 

 

来年度も開催されるかどうかは未定とのことでしたが、

また是非、新たな中学生のアイデアに出逢いたい、と感じたイベントでした。

鴨みーる
鴨みーる

神戸市出身、長浜市在住のフリーライター。 好物は、お酒とお笑いと音楽。 わんぱく真っ盛りの息子と、旬の情報を追いかけ回す日々でゴザイマス。

コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。