「流しそうめん」作りに挑戦してきた

「流しそうめん」作りに挑戦してきた

皆さんは夏といえば、何を思い浮かべますか?

私は某アニメの影響で川で冷やしたキュウリを無性に食べたくなります。

我が家は夏になると親戚揃ってそうめんとスイカを食べるのがお決まりです。

 

そうめん…そういえば、流しそうめんって言いますが、実際にやったことないな。

 

7月22日(土)にうさぽんクラブが主催する「流しそうめん」のイベントがあると聞いて参加してきました!

 

そして当日!前日までの雨と打って変わってカンカン晴れ!暑くてすでに死にそうです^^;

会場[心の窓]からの景色。空の青に反射したびわ湖がまた美しい

会場は近江八幡にある[心の窓]。[心の窓]はびわ湖湖岸沿いで少し山の方に丘にあるのですが、目の前に美しいびわ湖と空、緑が広がり…まさに絶好のロケーション!

会場に訪れると、流し台の準備が行われていました!

 

あれ?思ったより凄いぞ!

いつものゆる〜い雰囲気のうさぽんクラブを想像していたのに結構、流しそうめん台が本格的!

 

最終、水の流れを確認しつつ、つ、ついに!

流しそうめん台が出来上がりました!!

そして続々参加者が集まってきましたよ。

今回の参加者はファミリーが多く、お子さんも交えての60人以上の大所帯なイベントに。

最初は皆で竹を切って、そうめんを入れる専用の器を作っていきます。

 

え?

「別に器作りからやらなくても普通のお皿でやってもいいんじゃない」なんて思ってない?

遊ぶなら徹底的にやって楽しむ!

そこまでやってみせるのがうさぽんクラブなんですよ!(力説)

 

…大人が竹を切っている側から、竹を切りたいというお子さんが名乗りを上げ、気がつけば10人ぐらい並ぶの列が!

 

さあ、器ができたらいよいよ本番!

皆で流しそうめん台に向かいましょう!

 

場所が決まったら、スタッフでホースの水でそうめんを流していきます。

 

「行きますよ〜」

 

そうスタッフが声をあげるとスルスルとそうめんが流れています。

食卓で食べているそうめんが、竹から流れてきて何とも風流な感じに。

…ただのそうめんだと思ってナメていました。

 

上流から参加者の様子を見ていると、何やら参加者も真剣なモードに(え?そんな感じだっけ?)

見よ!そうめんを食らいつくさんばかりのアツイ視線!!

写真だと皆さんの気迫が感じにくいですが;

早くそうめんを流さなきゃって急かされるほど、皆の視線がとにかくアツかった。

 

実は当日そうめんだけしか用意していないスタッフを見かねたのか、[心の窓]の粋な計らいで新鮮な野菜をたくさん用意してくださったんです。

本当にいろんな種類の野菜を用意してもらったのですが、特にとうもろこしが生で食べても一粒ひと粒がプリッとしていて、本当においしかったです(ありがとうございます!)

 

そして勢いにのってきたスタッフは、そうめんだけでは飽き足らず、その野菜たちを流してみることに。

野菜は輪切りのキュウリやミニトマト、そしてゼリーまでも流してみちゃいました☆

 

そんな光景をみて子ども達は「流しトマトや!」と戸惑いながらもお箸で掴もうと必死!

う〜ん、何ともスリリングな流しそうめんに(^▽^;)

 

そんな楽しい時間はあっという間に過ぎていき、最後は皆で記念撮影!

 

参加者からは

「忘れられない夏休みの思い出になった」

「また子どもと一緒に参加してみたい!」

とうれしい声が。大人も子どもも楽しめる面白いイベントになりましたね。

 

スリリングな流しそうめんも勿論ですが、

何より一番驚いたのが暑さにバテていた大人を尻目に、暑くても終始はしゃぐ子どものパワーに驚かされた1日でした。

編集部 よっしー

チェキポン編集部。大津市在住。手作り好きのDIY女子。最近はアクセサリーやフェイクスイーツ作りにハマってしまい、個展で販売しようかと計画中。【山羊座】

コメント

コメント2

サム

その節は本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

うさポンクラブの大谷

サムさん
わざわざコメント頂き誠にありがとうございます( ^∀^)

うさぽんくらぶは、どんどん滋賀で読者さんとのコミュニケーションを図る場なので、今後ともよろしくよろしくお願いいたします^_^

こんな事やってほしいとかありましたらぜひコメントよろしくお願いいたします(●´ω`●)


メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。