• 大津市

びわ湖テラス「グリルダイニング&バー HALUKA」にバーカウンターがお目見え!

report

びわ湖テラス「グリルダイニング&バー HALUKA」にバーカウンターがお目見え!

びわ湖バレイの「びわ湖テラス」は、息をのむほど美しい絶景が楽しめる人気スポット。ロープウェイでの空中散歩を楽しんで、標高1,100mの山頂に降り立つと、大パノラマのびわ湖の眺望を堪能できます。

そして今回はびわ湖テラスで大人気の「テラスカフェ」より、さらにラグジュアリーな空間。新しく登場した「グリルダイニング&バー HALUKA」とそのシンボル「バーカウンター」のお披露目会(プレスリリース)へ足を運んできました♡

FUJICO

8月11日に訪れた編集部スタッフですが、山頂の涼しいことと言ったら♡軽く羽織があってもいいくらいの心地良さでした。

「グリルダイニング&バー HALUKA」

「グリルダイニング&バー HALUKA」は、“躍動感ある開放的な空間。五感で楽しむダイニング&バー”をコンセプトに7/22(金)リニューアルオープンしたびわ湖テラスのメインダイニングです。


▲シックで大人な雰囲気のエントランス


▲ダイニングは広々。ホールには176席、テラスには52席が用意されています

さらに、8/11(木・祝)にはシンボルとなるバーカウンターが誕生しました。

比良山系とびわ湖からインスピレーションを受け、緩やかな曲線で表現されたバーカンターはレストランの中央を彩ります。大自然から生まれた力強く有機的なフォルムが、空間に躍動感を与えてくれていますよ。シンボルとしての存在感も抜群です。さらに、光の色も無数にあるとのこと。


▲びわ湖を思わせる鮮やかなブルーにも…


▲モダンな印象の白にも…

不定期で変更となるから、もし訪れる際は、何色の光が輝くか楽しみにしておいてくださいね。


▲バーカウンターで作られる様々なカクテルを楽しみながら優雅なひとときを過ごしてください

FUJICO

シンボルとなるバーカウンターは、11日のお披露目前日に施設に届いたそう。夜通し職人さんによる設置作業が行われギリギリに完成したとのこと。すごい!スタッフさんの愛(と執念?笑)も感じてくださいね。

バーカウンターから北側には「ノーステラス」があり、びわ湖の北湖を臨むことができます。その奥には「インフィニティラウンジ」もあって、見事な開放感!メインの「グランドテラス」より人が少ないため、びわ湖の絶景をひとりじめしたような感覚になれました。デートにもぴったりです♡

反対にあるロープウェイ側のテラスからは、蓬莱山が見られます。ゆったりと行き来するロープウェイと緑が鮮やかな山の風景に癒やされます。優雅な空間で過ごす優越感に浸りながら、季節の花々を眺めつつお食事が楽しめました。


▲写真は、ちょっぴ霧(雲)がかかったタイミング。残念。笑


▲テラス席は開放感バツグンです


▲季節の花を愛でながらゆったりと過ごしてくださいね

グリル料理を堪能

南北に爽やかな風が吹き抜ける開放的な空間では、もちろん、ステーキやハンバーグなどの多彩なグリル料理が堪能できます。


▲エントランスに置かれたメニュー表を参考に♡

ちなみに、オーダーはスマホから!自分のスマホでQRコードを読み込んで、食べたいメニューを選んでいくそう。


▲初めてで不安がある方は、優しいスタッフさんが助けてくれるのでご安心ください

…ということで、「グリルサーロインステーキ」や「黒豚のグリル」などグリル料理が自慢のダイニングではありますが、困ったことに「近江牛ローストビーフ丼」や「近江牛カレー」もおすすめなんです。どれにしようか悩んでしまいますね。

さらに、8月31日までの期間限定で楽しめる「近江牛フェア」メニューも贅沢なんです。

▲特注のグリルで焼き上げられる「近江牛」♡

[近江牛フェアメニュー]期間限定
近江牛サーロインステーキ(130g) 5,000円
近江牛のサーロインは上質な脂がたまりません。塩とステーキソースでいただきます。サラダやグリルなどには彩りも鮮やかな夏野菜・パプリカやズッキーニが使用されていました。とっても贅沢です。

[近江牛フェアメニュー]期間限定
チーズフォンデュ(近江牛80g) 3,800円

まろやかで熱々のチーズにバケットや野菜をくぐらせていただくチーズフォンデュ。さらに期間限定メニューでは、近江牛が味わえます。サシが入った近江牛…見るからに美味しそう…チーズと絡めて思いきり頬張ってくださいね。程よく溶けた肉の旨み(脂)とチーズが相性抜群です。

[通常メニュー]
近江牛ローストビーフ丼 3,200円

そして“映え”メニューといえばローストビーフ!柔らかな近江牛のローストビーフと、ご飯、ソース、温泉たまごが絡みます。三位どころか四位一体!?の美味しさですが、近江牛の旨みはしっかり感じられますよ。さらに、ズッキーニやパプリカ、ロマネスコなど付け合わせのお野菜も食感のアクセントに。豪華すぎるローストビーフ丼はぜひ一度食べてみて欲しいです。

視界広々、開放的ながイニングで優雅な午後のひとときを満喫してください。

▲なにもしない贅沢もたまにはいいもんです♡

さらにこだわりは料理だけにはとどまりません。
世界的なシャンパンブランド「モエ・エ・シャンドン」の協力のもとに新しくラインナップに加わったドリンクは、シャンパーニュカクテルモクテル(ノンアルコールカクテル)


▲バーカウンターですもの、素敵なカクテルをいただかないと。

今回オーダーさせていただいたのはこの2つ。
左/シャンパーニュカクテル「ミモザ」 1,600円
右/モクテル「レイクブルー」 900円

シャンパンベースのカクテルとしてはベーシックな「ミモザ」ですが、すっきりとしたシャンパーニュに少し甘めのオレンジジュースが合わせられていました。柑橘の爽やかさがあるものの、どちらかというとスイーツっぽく、この1杯だけでも存分に楽しめる印象です。

見た目の美しさはもちろん、滋賀(=びわ湖)にいるからこそ飲みたい「レイクブルー」のモクテル。夏らしさを感じさせる青のグラデーションは思わず写真に撮りたくなってしまうビジュアルです。味わいはラムネのような…ほのかに柑橘系の酸味も感じる大人のソーダです。

もちろんシャンパーニュカクテルがおすすめなのですが、「びわ湖テラス」には自家用車で来る人が多いからとの理由で、モクテルも多彩なラインナップにしてくれたようです。とても嬉しいおもてなしですね。

カフェスタンドとそのほかにも…

「グリルダイニング&バー HALUKA」のテラス席からほど近くには「カフェスタンド」も。なかでも「テラスカレーパン」がイチオシです。気軽に食べられるのが嬉しいですね。
▲テラスカレーパン450円です。ドリンクも種類豊富♡

さらに、ほんの少しだけ足をのばすと「エキナカキッチン」が。ロープウェイの乗り場(降り場)と直径しているんですよ。
▲まるでフードコートのような賑やかさが楽しいグルメスポット

おすすめは「フライドチキンバーガー」と「海老カツバーガー」、子どもに人気の「フライドポテト」も購入できます。テイクアウトにして青空の下で味わうのもいいですね。


▲フライドチキンバーガーは1,100円、海老カツバーガーは1,300円、フライドポテト500円です

最後に…“映え”スポットのご紹介です♡レインボー傘で撮影ができるフォトスポットもありましたよ。青空+虹の傘で撮影して投稿してみませんかー。素敵な思い出になりそうです。


▲びわ湖とロープウェイも背景に、思い出の写真をぜひ

実は他にもまだまだ見所がたくさんありすぎて語り尽くせない「びわ湖バレイ」。新たなスポットが続々登場しているのはもちろん、アクティビティなども安定して人気の高いんですよ。ぜひ一度足を運んでみてください。

おまけ(取材当日の様子)♡


店名 グリルダイニング&バー HALUKA〈びわ湖テラス〉
TEL 077-592-1155
住所 大津市木戸1547-1
営業時間 4月〜10月10:30〜15:30(LO15:00)
11月11:00〜15:30(LO15:00)

※上記は2022年の営業時間になります。
※「びわ湖バレイ/びわ湖テラス」の営業時間は四季ごとに異なる。公式HP要確認。
ロープウェイ往復3,500円(Web前売り・平日2,500円、土日祝3,000円)

定休日 無休
駐車場 Pあり
ホームページ biwako-valley.com

この記事が気に入ったら「ボタン」を押してくれるとうれしいです ▶︎

FUJICO

CHEKiPON編集部&ライター。西の湖の畔に住み、珈琲と日本酒を愛する仕事人間です。これといった趣味はないものの、ミーハーなので広く浅くなんでも知りたがり。滋賀の魅力が少しでも多くの人に届くように…と無責任に祈っています。

コメント0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 幸せと愛を告げるオネエの言葉 HOROSCOPE占い
  • COLUMN編集部コラム
  • 滋賀ラーメン食べ隊

MAGAZINE

CHEKiPON
2022年12月号
発行中

DIGITAL BOOK 最新号をデジタルブックで読む
CHEKIPON SDGs宣言