田村神社 厄除大祭

田村神社 厄除大祭

田村神社は平安時代の初期に創建された古社です。

坂上田村麻呂が鈴鹿峠で鬼退治したことにちなんで始まったのが、「厄除祭」です。毎年2月17日から19日の3日間行われ、厄除けの弓矢の霊験にあやかろうとする参拝者で賑わいます。

大祭では、厄年の厄除のご祈祷を始め、田村麻呂公のお告げにより、境内を流れる御手洗川に歳の数の豆を流す事で厄が落ちるとされる 「厄豆落し」などの神事が行われ、多くの参拝者で賑わいます

また、田村神社厄除祭で売られている「かにが坂飴」にはこのような言い伝えがあります。

むかし、鈴鹿山中に蟹のばけものが棲んでいて、旅人を食べていたそうです。それを聞いた比叡山の高僧「恵心僧都」が退治にのりだしました。僧都は蟹のばけものに「往生要集」を唱え、やがて蟹の甲羅が八つに割れ、バラバラに砕けました。
僧都は、村人たちに蟹のために小塚を作り霊を慰め、八つ割りになった蟹の甲に似せた飴を作ることを教えて、「この飴を食べておれば、災害をのがれることができる」と言いました。

村人たちは、その教えを守り「かにが坂飴」をつくったそうです。

 

田村神社 厄除大祭

日時 2017年2月17日(金)、18日(土)、19日(日)
会場 田村神社
料金 基本無料 ※一部有料のものあり
問い合わせ先 田村神社

TEL : 0748-66-0018

リンク
備考

 


コメント

コメント0

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。