斬新すぎるカレーに唖然!おおつ近江米カレーって知ってる?

斬新すぎるカレーに唖然!おおつ近江米カレーって知ってる?

大津市が観光誘致の目玉としてプロデュースしたのが「おおつ近江米カレー」。ご当地カレーなのに店によって全然カレーの中身が違う!とメディアでも大注目のカレー達ですが、その中でも個性が際立つ5つのカレーを今回はご紹介します。
まずは「おおつ近江米カレー」の申し子![ちっち&みっきーのおいしい料理屋]が提供するカレーから。県庁近くの道路沿いに突如現れる過激なペイントで彩られた建物。入店する前からワクワクしますね~。
01_外観_

早速カレーを注文。待つこと30分。運ばれてきた大皿に目を移すと…。え? 何コレ?どでかい唐揚げみたいなのが鎮座してますが?これって魚のお頭ですか?えっ鯉?コイッ!? そう、こちらは鯉のお頭付きカレーなんです。
03_お頭アップ_

「プル卵チーズの鯉カレー」1,000円
何とも不思議な光景が目の前に広がっております。なぜカレーに鯉なのか?松島オーナーに伺うと「滋賀と言えば近江牛なんかが連想されますが、それ以外の食材でインパクトのあるのもの探していたとき鯉に巡り会えたのです」との事。鯉は栄養価も高く淡水魚の王様的な存在。大津の新名物にふさわしい存在感ですね~
04_鯉カレー_

ふわふわのメレンゲドームを崩し、ご飯とルーを絡ませて食べると予想以上に繊細な味わいが口の中に広がります。スパイスと黒酢で酸味を利かせたルーのコクを、メレンゲが中和して柔らかな味を創出。特製のタレをかければ今度は和風な味わいに変化。色々な味の変化がとても楽しいです。そしてメインはやはり鯉ですよね。鯉のお頭を両手で持って豪快に割ってかぶりついて食べてみます。格闘しながら食べ尽くすとお腹はいっぱいに。コース料理を完食したかのような満足感を味わえました。これは食べ応えありますね。松島さんごちそうさまでした!
05_カレースプーン


ちっち&みっきーのおいしい料理屋さん

TEL 080-5343-0689
住所 大津市松本1-3-5 森田ビル5 1F
営業時間 ランチ/11:30~14:30(LO14:00)
ディナー/17:00~22:00(LO21:00)
※土曜はディナーのみ
定休日 日曜・祝日
駐車場 Pなし(近隣にコインPあり)
ホームページ http://www.cheki-pon.com/info.php?type=shop&id=50737a1f88997&design=info&PHPSESSID=lihlvk33aflnko9ki658qvqip1

 

続いて紹介するのは[ほっとすてぃしょん比良]
のどかな田園風景が広がる比良駅周辺。その駅から見える一軒家の食堂が「ほっとすてぃしょん比良」。早速入店すると小さな店内にはお客が一杯!赤ちゃん連れのママから熟年夫婦まで幅広く愛されているのが分かります。

hotst_gaikan-

早速ふる里の味と慕われる「比良の里 大豆カレー」750円を食べてみました。辛さを抑えたマイルドなカレーは懐かしさを感じる素朴な味わい。近江米の旨みを消さない配慮です。

hotst_curry-

少し食べ進めたところで「大豆の味噌豆」を投入。すると不思議なことに大豆の食感とコクが増加し、一気に濃厚な味わいに変化しました。更にに味噌汁を少し注ぎ入れるとほのかな塩味が加わりまた優しい味わいに。くるくる変わるカレーの味わいを存分に楽しめました!

hotst_curry02-

魅力は何と言っても美しい比良の自然で作られた近江米や地野菜を使った地産地消。お店の周りの田んぼで取れた近江米を自然の湧き水で炊き、滋賀産の大豆で作った味噌豆、味噌汁で味を変化させていく。お米の美味しさが活き、ふる里を堪能する一皿です。

hotst_fuukei-


ほっとすてぃしょん比良

TEL 077-596-1679
住所 大津市北比良290-1
営業時間 10:00~17:00(11~2月は16:30)
定休日 月、火、木、金曜
駐車場 Pなし(近隣に駅無料Pあり)
ホームページ http://www.cheki-pon.com/info.php?type=shop&id=4e5c522be9ec6&design=info

※お店の近くに比良駅の無料駐車場が有りますが、満車の場合があります。その際はお店の方に相談して下さい。近隣の駐車スペースを案内してくれるそうです。

お次は膳所の[なぎさWARMS]を紹介します。
琵琶湖を望む絶好のロケーションの中で、ヴィーガン対応のおしゃれでヘルシーなカフェご飯が味わえるこちら。

nagisa_naikan

元々、地元野菜や近江米を積極的に使っていたので「おおつ近江米カレー」の話が持ち上がったとき「それならウチが作らねば!」と松下店長が率先して作ったのが「近江有機野菜のスープカレー」1,080円
第一印象はバーニャカウダのよう。色鮮やかな滋賀産にこだわった旬の野菜を約10種類、カレーペーストにディップして楽しみます。もちろん五穀米に乗せてカレーとしても味わってください。ひよこ豆をベースに独自調合のカレーは、香ばしくもマイルドな味わい。

nagisa_curry-

後半は野菜の旨みを抽出して作った出汁に、トマトのスープをブレンドした特製スープを注入します。水分の少ないペーストにトマトスープが染みこみ、新たなカレーが誕生! 冷製リゾットの様な風合いになります。

nagisa_curry2-


なぎさWARMS

TEL 077-526-8220
住所 滋賀県大津市打出浜15-5
営業時間 11:00~14:00 14:00~17:30 17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 年末年始
駐車場 打出の森駐車場61台(2,000円以上の飲食で2h無料)
ホームページ http://nagisanoterrace.jp/warms/

nagisa_naikan

続いては、石山寺門前に軒を構える[志じみ茶屋 湖舟]。
その名の通り、昔のお茶屋さんを彷彿とさせる佇まいが印象的です。

湖舟_外観-

こちらで味わえるのは、名物の「志じみ釜飯」とカレーがコラボした「志じみ釜めしカレー」1,296円。運ばれてきた瞬間から、シジミの良い香りが漂い食欲をそそります。

湖舟_志じみ釜めしカレー1

そのままでも充分美味しい志じみ釜飯にカレーを。。。「そんなことしていいのか?」と罪悪感にも似た気持ちで恐る恐るルーをかけます。
戸惑いながらひと口食べてみると、おや?カレーの味に負けないシジミの香りが口の中に広がります。カレーのルーにもシジミの出汁を使用しているそうで、名物のシジミの味を消さない見事な計算です。さらに、その上に蒸し野菜を乗っけて彩りをプラス。風味豊かなカレーに、みずみずしい野菜の旨みが加わっていくらでも食べられそうな美味しさに。野菜はできるだけ地場のものを使い、季節ごとに種類も変更するんだそう。

湖舟_志じみ釜めしカレー3_実食-

お箸ならぬスプーンが止まらずどんどん食べ進めてしまいましたが、完食してはなりません。終盤は、志じみご飯に残りのカレーを入れて、チーズを乗っけた「焼きチーズカレー」として味わいます。トロ~リとろけるチーズが、カレーをまろやかな味にしてくれます。たっぷりチーズの濃厚な旨みと、再加熱することでできる“おこげ”の香ばしさといったら!おいしそうすぎる見た目に、お客から歓声が上がるほど好評なんだとか。

湖舟_志じみ釜めしカレー5_焼きチーズ-


志じみ茶屋 湖舟

TEL 077-537-0127
住所 大津市石山寺3-2-37
営業時間 10:00~17:00(LO16:30)
定休日 不定休
駐車場 P140台(石山寺観光駐車場)
ホームページ http://www.cheki-pon.com/info.php?type=shop&id=55d44d8e49367

そして最後は石山寺の新たな癒しスポット[HOTORI CAFE]のカレーをご紹介。シンプルで温もりを感じるインテリアと、壁一面の窓から差し込む柔らかな陽光に癒されて長居必至です。

HOTORICAFE_店外写真

こちらのカレーは、八丁味噌をベースにした肉味噌カレーを提供されています。早速自慢の味噌とカレーとの相性を確かめるべく、「肉味噌焼きカレー」を注文。の んびりと瀬田川の流れを眺めながら待っていると、ついにカレーがきました。

■HOTORICAFE_肉味噌カレーHOTORICAFE_肉味噌カレー-

「肉味噌HOTORIカレー」1,300円
※写真はランチの前菜3種、ドリンク付き

味の変化を楽しむ「おおつ近江米カレー」。まずはカレーとご飯をひと口。辛さを抑えた香味豊かなカレーは子どもでも食べられそうな印象。今度は肉味噌を混ぜて食べてみます。八丁味噌と合挽き肉、蓮根など季節の野菜で作った肉味噌を混ぜると、甘さと旨味が倍増され、よりカレーの存在感を引き立たせます。トマトの酸味が味噌の独特の辛さと調和され、自然にスプーンが進みます。

カレーだけではなく前菜などのメニューにも一品一品丁寧に作 り込まれており、中野オーナーの「美味しいお食事を心を込めて提供する」というこだわりを感じる事ができました。
石山寺に訪れた際は、ぜひ足を運んでください。


HOTORICAFE

TEL 077-537-8012
住所 ここに住所を入力
営業時間 11:00~21:00(20時までに要来店)
定休日 水曜(臨時休業あり)
駐車場 P2台
ホームページ http://www.cheki-pon.com/info.php?type=shop&id=5333dac0b78a8&design=info
ふるちゃん
ふるちゃん

チェキポン創刊時を知る数少ない古参社員。無類の魚好きでタナゴ釣りに情熱を傾ける。最近は燻製作りに夢中。

コメント

コメント1

りんりん

プル卵チーズの鯉カレーがめっちゃ斬新で気になります!見た目もインパクトありますねd(・∀<)


メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新規オープン飲食店の情報提供を求めています。